ここから本文です

和田采配に虎ファンからブーイング

2015/5/24(日) 21:26配信

THE PAGE

 その采配に対してハマの虎党から大ブーイングが起こった。

 24日、横浜での横浜でDeNA対阪神戦。
 問題の場面は、4回の阪神の攻撃で起きた。初回に3点を奪っておきながら3回に横浜DeNA打線に逆転を許した直後。7番の新井良、8番の藤井が、ポンポンとアウトとなって、2番手としてマウンドに上がっていた9番の桑原に打席が回ってきた。当然、代打の場面だったがベンチは動かず、そのまま桑原を打席に立たせたのである。ハマスタのレフトを埋めた阪神ファンは、大きなざわめきと怒声、ブーイングで抗議した。異例の事態だ。案の定、桑原は凡退。

 体調不良のオ・スンファンが使えない。ブルペンは一人足りない状況ではあった。100歩譲って桑原が、ロングリリーフを任せられるくらいの調子ならば、そのまま打席に立たせるのもわからないでもない。だが、この日の桑原は、コントロールがもうひとつで岩貞の後を受けた3回に井手に同点打、嶺井を打席に迎えて暴投、タイムリーで逆転を許している。とても、もう1イニングを任せられるような状態ではなかった。しかも、4回裏の横浜DeNAは、梶谷、下園と、左が続く打順。まだ2点差。野球はツーアウトからである。

 試合後、和田監督は、「(オ・スンファンの)影響うんぬんよりも、七回、八回で使う投手を三回でつぎ込むのはな。同点、1点のビハインドぐらいは仕方がないというところで(桑原、榎田を)出しているが、想定外というか、それよりも取られてしまった。ただ3-5の時点でも、まだまだ追いかけられる点数だった」と、説明していたが、その言葉は矛盾している。まだ追いかけられる点数で、追いかけるための最善の策を放棄したのである。ベンチには、一発型も機動力型も代打に使うべき野手はそろっていた。

 ある球界OBは「ファンのブーイングは当然。あそこで代打を使わない事情がどこにあるのか。ベンチが戦う姿勢を見せていない。あきらめない横浜DeNAの野球と対照的だ。終盤においておかねばならない代打もいるが、二死からでも、つないで、足をからめて、鳥谷へ回せば、得点にもつながる。この3連戦を見る限り、横浜に舐められてしまっている。上本が、ぶつけられた場面で和田監督が中畑監督にも詰め寄っていたが、ああいう姿勢を采配にも見せていかないと阪神の浮上は厳しいだろう」と苦言を呈した。

1/2ページ

最終更新:2016/1/27(水) 4:48
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報