ここから本文です

おのののか “脱・ビールの売り子”「武器がほしい」

2015/5/31(日) 15:00配信

THE PAGE

 タレント業の傍ら、東京ドームで『ビールの売り子』としてアルバイトしていたことから、“美人すぎるビールの売り子”として一躍ブレイクを果たした、おのののか。今年で芸能活動は3年目となる。“石の上にも3年”という諺もあるが、当の本人は「デビュー当時の何もわからなかった時と比べれば、自分のできを反省したり、こんな話をしてみようと考える余裕も少しだけ出てきました。でも今でも苦労している最中であることは変りません。これから先、3年後にもタレントとして残れるように、何らかの武器がほしい」と自らの状況をシビアに捉えている。

【拡大写真入りの記事】一発芸がほしいと語るおのののか

多彩さが必要なタレント業「雛壇はモンスターの集まり」

 役者、歌手、お笑い芸人などと違って、漠然としたジャンルでもあるタレント業。その一方で、ワイドショーやバラエティ番組、イベント等々、活動の場所は多種多様で、トークの上手さ、リアクション、瞬発的な対応力など、オールマイティさが求められる。

 「バラエティ番組の雛壇なんて、凄い人たちばかり。モンスターの集まりですよ。最初の頃は自分から喋る事なんて出来なかったし、“もうどうしよう”という事の連続。今でもテレビ番組を見て勉強したり、自分の出演した番組で、どの部分が使われたかを確認するために録画チェックもしています」と、タレントとしてのスキルアップに余念がない。

 「3年も経つと、新しい後輩が収録現場で見学している姿を見つけます。新しい才能は次から次へと出てくるから、そんな姿を見ると『負けるわけにはいかない、頑張らなければ』と思うけれど、下から追われる立場になってきた事に対して、怖さとプレッシャーも感じています」と打ち明ける。

3年のキャリア 少しずつ成長を実感

 笑顔の裏にある熾烈な戦い。それでも3年という月日は、おのに少しの余裕を与えてくれた。

 「再共演させていただける方も増えてきて、少しずつですが自分らしく自然体で喋る事も出来るようになった。まだまだ初めての事も多いけれど、仕事終わりには反省と同時にほんのちょっとだけ自分を褒めることもあります。私としては、タレントというよりは同世代の女の子を代表する意識でやっているつもり」と、背伸びをすることなくカメラと向き合っている。

1/2ページ

最終更新:2016/2/19(金) 4:03
THE PAGE