ここから本文です

双子姉妹マジシャン「Cotton Candy」息あった演技話題に

2015/6/3(水) 16:04配信

THE PAGE

双子姉妹マジシャン「Cotton Candy」息あった演技話題に THE PAGE大阪

 大阪を中心に活躍する「双子」の美人姉妹マジシャンがいま話題となっている。最近ではCDまで発売し歌手デビューも果たすなど、じわじわ人気が出て今やノリに乗っている姉妹「Cotton Candy(コットンキャンディー)」だが、実はデビューしてまだ2年ほどだという。元は舞台女優・学生レポーターだったというが、厳しい修業を経て、最近ではマジックでも一気に注目を浴び活躍の場を広げている。そんな人気姉妹の横顔に迫るため、大阪・南堀江にある練習現場を訪ねてみた。

【別の動画】双子姉妹マジシャン「COTTON CANDY」がイリュージョン「剣刺し」を披露

5月に初ワンマンイベント 歌手デビューも

 「Cotton Candy」は5月31日、カフェ「スターリー」(大阪市西区南堀江)で初のワンマンイベントを開催。これはイメージソングのCDリリースイベントだっただけに、歌手デビューも兼ねており、話題を呼んだ。

 そんな珍しい双子姉妹マジックユニットは美咲さん(妹=23)と夏実さん(姉=23)で、メディア出演も多数。夏実さんはミス関西大学2011ファイナリストでもある。現在は「プラスウイン」(大阪市西区南堀江)に所属している。

元は女優やレポーター・修業で技を習得

 マジックを始めた経緯について、美咲さんは「6年半ほど舞台とかに出て女優をやってたんですけど、今後どうしようかなと思って。そんなときに今の事務所と出合って。今でも女優志望なんですけど、芸能界は隙間をいかないといけないということで、双子のマジシャンっていてないよって言われて、それがきっかけです」と話した。

 一方、夏実さんも「学生のときに学生レポーターをやってました。最終的にはタレント、モデル、司会とかをやりたいんです。就活してるときに美咲に声をかけられて双子のマジシャンとして一緒にやることになりました」と、語った。

 2人ともマジックの経験はなかったものの、厳しい修業を経て習得。双子ならではの息のあった演技とあうんの呼吸は、大掛かりなマジックにも生かされているようだ。

珍しい双子マジシャン・デビュー1年以内で角座に

 2人は2013年8月、テレビのチャリティーイベントでデビュー。「結成して1か月やったんですよ。道頓堀のイベントで、人がたくさん集まっていたので、すごく緊張した」と美咲さん。そのときの持ち時間は5分、イリュージョンを2つ披露した。

 その後は京セラドーム「夏の陣」音楽イベント、PL花火大会や松竹角座などでマジックショーを演じるなど、イベント出演を重ね、テレビにも多々出演。そしてCDも発売した。

 事務所の担当マネジャーはこう言う。「女優やモデルいうても、いっぱいいてますし。歌とダンスは今の子はたいがいできる。テレビのレポーターも、かわいい子はぎょうさんおるでしょ。そうなると、まず『何ができるねん』と言うことでもありますしね。双子のマジシャンは珍しいし、業界にはいませんので、それでやってみないかと薦めたんですよ。業界初です。おかげさまで、1年以内に角座(松竹芸能 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)のステージにも上げていただいて。ありがたいことです」

1/2ページ

最終更新:2015/6/3(水) 16:35
THE PAGE