ここから本文です

ロヒンギャ漂流問題 ミャンマー少数民族の対立と迫害の歴史

2015/6/5(金) 16:25配信

THE PAGE

 3月末にミャンマー政府と16の少数民族との間で停戦合意草案が調印されました。しかし、5月下旬に入り、イスラム系少数民族ロヒンギャの数千人規模の難民が同国沖を漂流したり、ロヒンギャらとみられる大量の遺体が見つかったりするなど、いまだ根強い少数民族問題が垣間見えます。

【動画】少数民族と「停戦合意」 ミャンマーの大臣が支援求める

実は「移民による多民族国家」

 ミャンマー(ビルマ)はアメリカ合衆国やカナダと同じく、「移民による多民族国家」です。人口約5100万人の60~70%を占めるビルマ人のほか、シャン、カレン、アラカン(ラカイン)、モンなど130を超える少数民族で構成されています。少数民族の多くは、インド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイとの国境付近に暮らしています。

 ただし、人口2位のシャンは推定350~400万人、3位のカレンも推定300万人で、けっして「少数」ではありません。この規模の独立国は世界にたくさんあります。世界の1/4の国(約50か国)が人口300万未満です。つまりミャンマーは、独立国家を持っていても不思議ではない複数の「少数民族」を抱える多民族国家なのです。

 また、冒頭の「移民による」という表現に「ん?」と思われた方がいるかもしれません。紀元前から住んでいたのは、モン人やピュー人と考えられています。現在、この地を支配しているビルマ人は先住民ではありません。ビルマ人は、9~10世紀に大陸から南下してきた広義の移民(移住者)なのです。

 11世紀、ビルマ人は最初の統一王朝(バガン王朝)を建国し、この地に仏教を根づかせました。少し遅れて、北方からシャンやカレンなどの民族も移住してきました。ほかの多くの少数民族も、中国から南下してきた移民です。その後は、シャンが勢力を強めたり、モンがビルマ人の王朝を倒したりと、移民の対立・紛争の時代が続きました。

英が残した「ビルマ人vs.○○」の構図

 現在の領域にほぼ固まったのは、イギリスの植民地になった19世紀半ば以降です。ビルマは英国領インドの一部となり、南アジア系民族(ベンガル人ほか)が入植してきました。ミャンマー最大の都市ヤンゴンを歩くと、褐色の肌の人が目につきます。彼らもまた移民なのです。しかし、肌色・容姿が日本人に近いビルマ人は、南アジア系の人々を「カラー」(外来者の意も含む)と呼び、快く思っていません。あまり声高に語られませんが、「ビルマ人vs.カラー」という火種も残っているようです。

 同時に、イギリスお家芸の民族分断統治によって、「ビルマ人vs.少数民族」という対立構造もしっかり強化されました。第二次大戦後の1948年、ビルマは連邦国家としてイギリスから独立しましたが、直後、南東部の少数民族カレンが武装蜂起したのです。「連邦」を付したように、少数民族が住む地域には、名目上ながら自治権が与えられましたが、カレンは除外されたのです。民族意識の強いカレンはもとからビルマ人主導の国づくりに反対でしたが、ないがしろにされたことで、その不満を爆発させました。数年後、自治州が設置されたものの、分離・独立をめざす武装組織(カレン民族同盟)は、激しい抵抗運動をつづけました。

 その後、1962年にネ・ウィン政権が誕生し、ビルマは社会主義路線に進みました。1988年、民主化運動の激化で後任のサン・ユは退陣したものの、国軍がクーデタで全権を掌握。国際社会の批判を浴びながら、長らく軍政が続きました。その間も、カレンだけでなく、カチン、シャン、カレンニー(カヤン)などの少数民族による独立・反政府運動は止まりませんでした。

 しかし国際社会の眼は、「軍事独裁政権vs.国民民主連盟(アウンサンスーチー率いるNLD)」という“ビルマ人内の民主化問題”にしか向けられませんでした。スーチーの軟禁状態がいつ解かれるのか。解放されると、いつ軍事政権と和解するのか、真の民主化は進むのか。ヤンゴンのビルマ人に聞くと、カレンやカチンなど少数民族の問題は「よそごと」という声が返ってくるようですが、国際社会にとっても同様だったのです。

1/2ページ

最終更新:2016/2/8(月) 2:47
THE PAGE