ここから本文です

史上最高の甘さ? ココイチはなぜ「5甘」を導入したのか

2015/6/6(土) 12:00配信

THE PAGE

 「カレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)」が今月から導入した「甘さを選べる」システムが話題となっている。同システムは「辛いカレーは苦手」という人に向け、特製の「甘くなるソース」で甘さを5段階で調節できるようにしたもの。導入後ネット上では「ココイチ来たら、甘さが選べるようになっていてビックリ」「ココイチの5甘試したい」「ココイチ史上最高の甘さ気になる」など多くの反響が見られた。なぜ、これほどまでに注目されているのだろうか? ココイチ関係者に話を聞いてみると、これは個人経営の喫茶店から始まったココイチならではの理由があるという。

ご当地カレーにも力 愛知・岡崎では「オカザえもん」とコラボカレー

客の“ワガママ”にとことん応える

 「グランドメニュー以外にも、季節に合わせたトッピングや冷たいカレーなどの変わり種メニューを期間限定で販売するなど、バラエティに富んだメニューをご提案できるよう努力していますが、今回の『甘さを選べる』システムは新たな切り口でのご提案になります」と話すのは、「株式会社壱番屋」(愛知県一宮市)の広報担当、森田飛鳥さん。

 森田さんは「この『甘さを選べる』システムは、ココイチの強みである『選べる』幅を広げるために導入しました。辛さの苦手な子供や女性も、甘さを選ぶことでより利用しやすくなれば」と続ける。

 ココイチと言えば愛知県で個人経営の喫茶店から始まり、今や全国に約1200店舗を展開するカレーチェーン業界の最大手。看板メニューのカレーは、甘口と普通に加え1辛~10辛まで選べる「辛さ」をはじめ、「トッピング」「ソース」「量」とすべてが自分好みにカスタマイズできることで知られている。森田さんはこの自由度の高い「選べる」システムこそが、ココイチが全国に広がった理由のひとつだと話す。

 「家族でカレーを食べに来た場合、子供は甘口、お父さんはお肉が入ったガッツリ系、お母さんは量を少な目など、それぞれ好みが出ますよね。お客様の要望には可能な限りお応えする。その考えが創業当初からあり、現在ではトッピングの種類は約40種、ライスの量は100g単位で選べるようになっています」と森田さんは説明する。

 喫茶店時代の人気メニューであったカレーの専門店をオープンさせたココイチ。「辛いのが好き」「たくさん食べたい」「野菜を摂りたい」など、当たり前にある客の“ワガママ”にとことん応えてきた。今回の「甘さを選べるシステム」もその間口をさらに広げるための施策のひとつで、「3辛」に「2甘」を組み合わせるという一見変わった注文も可能だ。

1/3ページ

最終更新:2015/6/6(土) 18:06
THE PAGE