ここから本文です

ジミー大西が大阪マラソンイメージ絵画「駆ける」発表

2015/6/12(金) 11:18配信

THE PAGE

 10月25日に開催する「第5回大阪マラソン」の組織委員会(第15回)が12日、大阪市中央区のシティプラザ大阪で行われ、エントリー状況やチャリティ事業についての報告などが行われた。今回はチャリティ事業の報告の際には画家でタレントのジミー大西が登場。サプライズで同マラソンのイメージ絵画を披露し、静かに進行していた委員会は盛り上がりをみせた。また、同マラソンの総エントリー数が13万7814人だったことも発表された。

大阪城・通天閣・中央公会堂やランナーなど描く

 このイメージ絵画は 一人のランナーが大阪を駆け巡る「駆ける」というタイトルをつけたという。ジミー大西は「大阪城、大阪市中央公会堂、通天閣と、大阪城以外は寄付で建てられたものらしいです」と話し、淀屋橋や出場者全員が「7色のチーム」に分かれ駆けるという点から「7」の数字を背負ったランナーが巡るというイメージを表したという。

 この発表直後「僕の仕事は終わりかなと思っております」と話して話題を取り、会場を後にして爆笑を誘った。今後、この絵画は大阪マラソンのチャリティ募集などに使われ、多くの大阪府民らが目にすることになりそうだ。

総エントリー数は13万7814人 海外からは7478人エントリー

 同委員会では、同マラソンの定員3万2000人に対し、総エントリー数が13万7814人であることなども発表された。

 うち都道府県別のエントリー数ベスト3は1位が大阪府の5万3295人、2位が兵庫県の18405人、3位が東京都の9448人だった。また、海外からは7478人のエントリーがあり、こちらもベスト3は1位台湾の3427人、香港の2374人、3位は中国の440人となった。当落通知は8日から順次メールで行っているという。

 また、チャリティアンバサダーにコブクロの小渕健太郎や京都大学の山中伸弥教授。タレントのアンミカや元阪神タイガースの赤星憲広氏。フリーキャスターの八木早希などが就任したことも合わせて発表した。

 

最終更新:2015/6/12(金) 11:36
THE PAGE