ここから本文です

水都大阪・大人の遊び場「中之島バンクス」が話題に

2015/6/16(火) 9:21配信

THE PAGE

水都大阪・大人の遊び場「中之島バンクス」が話題に THE PAGE大阪

 大阪の堂島川左岸に広がる「中之島バンクス」(大阪市北区中之島)が今、大人の遊び場として注目を浴びている。このエリアは穏やかな水辺の空間に施設が建設されたもので、自然が溶け合う美しい景観の中、空間・料理・音楽・遊びが織りなすエンターテインメントとして新しいスポットになっている。夜はライトアップされた幻想的な世界にとってかわる。そんな中、世界に一艘だけのクルーザーを使った堂島川クルージングがちょっとした話題だ。

大阪のビジネス街「本町」に船着場 水都のにぎわい期待

水都大阪のブランド化をめざしたプロジェクトの一つ

 大阪府が推進する水都大阪のブランド化をめざしたプロジェクトの一つである「中之島バンクス」は、堂島川左岸の堂島大橋から玉江橋までの全長400メートルの親水空間となっている。

 2008年、中之島エリアが国土交通省に社会実験区域の指定を受けたことにより、民間による河川空間活用の枠組みができたもので、これを受けてデザイン性やクリエイティブ性の高いミュージアムや飲食店舗、チャペルなどが運営されている。

 同エリアに3年前にオープンしたレストラン「サン=ルイ アミューズ」(1階)では、食事だけでなく、世界で一艘だけのクルーザーでシャンパン片手にクルージングを満喫できるという。

 「ヴーヴ・クリコのオフィシャルクルーザーで巡るオリジナルクルーズを1年前から始めました。このクルーザーは世界に一艘しかありません。乗船時間は1時間。かなり長いクルーズで、ゆっくり進みます。シャンパンなどを飲みながら優雅なひとときを楽しんで頂けます」(同店代表の泉谷剛史氏)

世界で一艘だけの船で

 珍しいクルーザーは高級シャンパンブランドの「ヴーヴ・クリコ」の世界で一艘だけの船(10人乗り)だという。極めて貴重なもので、ちょっと贅沢なクルージングはまさに大人の遊びと言える。

 同レストランでコース料理を食べてから乗船してもいいし、その逆、乗ってから食べてもOKだという。料金はコース料理付きで1人1万2000円。30代以上の男女がターゲットで、何かの記念日や女子会などにも使われている。店内は居心地の良いアットホームな空間を演出し、メニューはアラカルトから本格フレンチのコースまで幅広く味わえる。

 「僕は東京出身ですが、都市でこれだけ河川が通っている場所は珍しいし、この環境に一目ぼれしました。大阪の河川活性化の企画としても、このクルージングはけっこう喜んで頂いてます」(泉谷氏)と話す。
この日来ていた若い女性グループに話を聞くと、「今日は女子会です。夜景が綺麗です。こんな素晴らしい景色を見ながらクルージングしてシャンパンを飲むと、格別に美味しいです。カップルだともっと最高かも」と、笑顔で語ってくれた。

 また、水都大阪のプロジェクトとしては他にも道頓堀川エリア(とんぼりリバーウォーク)や八軒家浜(天満橋)、ほたるまち(福島)など、水辺空間の創出がなされており、それぞれ河川活性化の重要な役割を担っていると言える。
(文責/フリーライター・北代靖典)

最終更新:2015/6/16(火) 9:21
THE PAGE