ここから本文です

東京の民間ボーナス妥結額は76万932円で、前年比2万3779円アップ

2015/6/16(火) 11:12配信

THE PAGE

東京都は、6月11日現在の都内民間労組の夏のボーナスの妥結状況を発表した。平均妥結額は76万932円で、対前年比3.23%増となっている。

都によると、調査対象1000組合のうち、すでに妥結している316組合の平均妥結額は76万932円。平均賃金(31万4742円・38.9歳)の2.42ヵ月分に相当するという。同一労組の前年妥結額と比較すると、金額で2万3779円、率で3.23%上回っている。

産業別・業種別で、妥結金額の分析対象(5組合以上)となった21業種のうち、対前年比が最も高かったのは、「金属製品(19.86%)」。以下、「卸売・小売業(14.50%)」、「ゴム製品(7.89%)」と続いた。一方、対前年比が低かったのは、「金融・保険業(-3.23%)」、続いて「電子部品・デバイス・電子回路製造業(-1.58%)」、「化学工業(-1.33%)」の順。

東京都では毎年、都内1000の労働組合を対象に、夏季一時金要求・妥結状況を調査している。最終集計結果は7月27日公表予定。

最終更新:2015/6/16(火) 11:12
THE PAGE