ここから本文です

スタン・ハンセン 阪神百貨店トークショーで「ウィー」

2015/6/22(月) 11:38配信

THE PAGE

スタン・ハンセン 阪神百貨店トークショーでトラ応援 THE PAGE大阪

 元プロレスラーのスタン・ハンセンが「阪神百貨店梅田本店」(大阪市北区)の阪神タイガースショップ(8階)に登場し、トークショーとサイン会を初開催した。父の日にちなんだイベントだったが、300人ほどのファンが駆けつけ、会場は押すな押すなの人だかりとなり、リングさながらに「ウィー!」の雄叫びの嵐となった。ハンセン氏は30年来のタイガースファンで、トークショーでは大阪の印象やタイガースのこと、さらにその後の会見では「阪神は今2位、優勝に近い位置にいるので、これからが勝負、ピークになる」などと語った。

バックスクリーン3連発30年・元阪神バースが当時語る

大阪は1年に100回くらい来ている

 父の日の21日、阪神百貨店梅田本店に、トレードマークのウエスタン・ハットと背番号「8000」の縦じまのユニホームで現れたスタン・ハンセン氏(65)、これは阪神タイガースとコラボした「ハンセン・タイガース」のTシャツで、背番号はハンセンにちなみ、8000(ハッセン)だ。

 約15分のトークショーでは、大阪の印象は?の司会者の質問に通訳を介して「大阪は何回来たかわからない。1年に100回くらい来ている」。大阪の美味しい食べ物は?には、「たこ焼き、お好み焼き」と答え、「日本食はとても大好きです」とも話した。

 また、30年来のタイガースファンだというハンセン氏は、ランディ・バースと親交が深く飲み友達だという。「(アメリカの)オクラホマの自宅にも来たことがある」とか。前日には甲子園球場にも足を運んでおり、マートンらと談笑するなどして話題を呼び、タイガースへエールを送っていた。

最後はファンらとともに「ウィー!」

 スタン・ハンセンと言えば、現役時代のニックネームは「不沈艦」。数々の名勝負を繰り広げ、強烈なウエスタン・ラリアットはファンを魅了した。

 日本で絶大な人気を誇った外国人レスラーの1人だろう。2000年11月に引退、現夫人は日本人、息子が2人いる。リングインの時と試合後の「ウィー!」という雄叫びが挨拶代りだ。

 この日も最後はファンらとともに「ウィー!」で締め、サイン会へと移行した。なお、ハンセン氏のイラスト入り限定Tシャツは、用意していた200枚が完売したという。

1/2ページ

最終更新:2015/6/22(月) 17:23
THE PAGE