ここから本文です

横浜DeNAが連敗脱出。キヨシ監督は「攻めダルマの気持ちで戦った」

2015/6/23(火) 21:29配信

THE PAGE

 横浜DeNAが23日、東京ドームで行われた巨人戦に7-2の逆転勝利。引き分けを挟んで6月3日のソフトバンク戦以来、続いていた連敗を12で止めた。高木勇キラーとして送り込んだ新人・倉本の起用がズバリ的中。6回には、早めに代打攻勢で、勝負を仕掛け、最後は、23試合ぶりに4番の筒香にホームランが飛び出すなど意義深い試合内容での首位・巨人を相手にしてのトンネル脱出劇だった。

 それは筒香の四球から始まった。6回二死から筒香が一塁へ歩き、ロペスがセンター前で続き、バルディリスが四球を選んで満塁となった場面で、5月10日に決勝タイムリーを放つなど、高木勇への相性がいいことから「高木キラー」としてスタメン抜擢された倉本に打席が回ってきた。

 インサイドのストレートを逆らわずレフトへ。ベンチ前で中畑監督がポンと両手を叩いてからガッツポーズ。0-2から一気に同点に追いつき、さらに代打・荒波が四球を選び、再び満塁として高木勇をマウンドから引きずり下ろした。

「低めを意識して慎重になりすぎました。同じこと繰り返さないように反省して次にのぞみたい」とは高木勇の談話。連敗中といえど、横浜DeNA打線の脅威が高木勇を自滅させた。

 中畑監督は、手を緩めることなく、勝負を仕掛ける。相川の2ラン一本だけに抑えていた好投の先発、久保を迷いなく代え、代打・下園。巨人も左腕の戸根に代えてきたが、打球は、ふらっと、センター前に上がった。必死に前進してきた長野が、両手を前に伸ばしてダイビングキャッチを試みたが、グラブを弾き、勝ち越しの2点タイムリーとなった。

「12連敗と苦しかったのですが、みんながつないで、ひとつの気持ちになって回ってきたので、根性でなんとかしようと。(落ちた打球を見て)ほっとしました。連敗はしていたけれど、雰囲気は悪くなかった。いつか勝てるだろうと思っていました」
 決勝タイムリーを放った選手会長の下園は「根性」を強調した。

「個人ではなく、団結の力、チームの力でなんとかするしかない」
 中畑監督は、連敗ストップのポイントをそう語っていたが、まさに全員で、泥臭くつないで、もぎとった1イニング、4点である。

1/2ページ

最終更新:2016/1/14(木) 4:43
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/21(火) 17:30