ここから本文です

<なでしこ速報>日本、豪州に1-0の快勝でベスト4進出!

2015/6/28(日) 6:50配信

THE PAGE

 女子ワールドカップの決勝トーナメント準々決勝の日本対豪州が28日(現地時間27日)、カナダのエドモントンで行われ、日本が1-0で快勝、ベスト4進出を決めた。日本は、積極的なプレスで序盤からボールを支配。美しいパスワークで、かき回し、後半42分、途中から投入されていた岩渕が決勝ゴールを決めた。準決勝はカナダを2-1で下したイングランドと7月2日(現地時間1日)に行われる。

 準々決勝の地、エドモントンのコモンウェルススタジアムは、真夏の太陽が人工芝に照りつけた。キックオフの時点で、発表された気温は、26度だったが、アップの段階で、すでに各選手が汗を拭くシーンが目立つほどの暑さだ。

 なでしこは、「美しい」と海外メディアに評価されるほど、連携のうまくいったオランダ戦と同じスターティングメンバーで臨んだ。大儀見、大野のツートップに、左サイドハーフに司令塔となる宮間をおき、ボランチは、宇津木―阪口のコンビ。両サイドバックには、鮫島と有吉だ。レジェンド、澤はベンチスタートとなった。

 警戒していた立ち上がりで、日本がペースを握る。長いボールを入れ、ディフェンスを下がらせた後に、中盤からの細かいパスパークでビルドアップしていく。7分、ディフェンスの深い位置から縦に出たボールに大野が裏へ抜けだして反応、シュートはゴールの上へそれたがファーストシュートは日本だ。
 11分、バンエグモンドからゴール正面に飛び出たサイモンへスルーパスをつながれたが、ペナルティエリア内で岩清水がスライディングでクリア。最初のピンチを脱した。

 キャプテンの宮間は「オーストラリアの立ち上がりの勢いは凄い。その勢いを抑えるというより、それ以上の勢いを持って(立ち上がりに)入りたい」とゲームプランを語っていた。
 日本は高いポジションで積極的にプレスをかけ、川澄と宮間が交互に中でボールをコントロールしながらボールを動かす。オランダ戦で手ごたえを感じていた選手の距離感も理想的だ。21分、川澄が右サイドを切り裂き、大野へ絶好のクロスを入れるが、ダイレクトシュートは惜しくも枠を外れた。

 31分、注意をしていた豪州のデバナに左サイドをドリブルで突破されるが、懸命のディフェンス。直後には、宮間がミドルシュート。キーパーに弾かれたが、続くCKで、ヘッドをあわせ、日本は、怒涛の攻撃で豪州を防戦一方に追い込む。日本はボール支配率で60パーセント以上をキープしながら後半へ。

1/3ページ

最終更新:2016/1/31(日) 3:50
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報