ここから本文です

嵐の宮城コンサート、開催は大丈夫? 地元ではさまざまな混乱も

2015/6/29(月) 10:00配信

THE PAGE

 9月19~23日のうちの4日間、宮城県で人気アイドルグループ・嵐の復興支援コンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」が開かれる。県によると4日間で来場者は計20万人、経済効果は93億円と見込まれ、東日本大震災からの復興をはかる宮城県にとって大きな意味を持つイベントとなりそうだ。

 しかし、開催3カ月前の現時点ですでに宿泊施設が足りないなど、地元ではさまざまな混乱も起きている。この一大イベントを成功させる態勢は、現地で整っているのか。

ホテルや学会のキャンセルも

 嵐の宮城県でのコンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」の開催が発表されたのは、4月30日。「被災地に笑顔と元気を与えて欲しい」と宮城県の村井嘉浩知事が自ら開催を打診したといい、5月11日の定例記者会見では村井知事が「支援をいただいた全国の皆さまに、復興に取り組む宮城の姿を発信する貴重な機会になる」と語るなど、地元の期待は高まる一方だ。

 しかし開催をめぐり、宮城県内ではすでに混乱が起きつつある。コンサートの開催発表直後から、県内の宿泊施設には予約が殺到。コンサートが開かれる時期の仙台市や近隣市町の宿泊施設の予約は現時点で「ほぼ埋まっており、予約を取るのは非常に困難な状況」(県担当職員)だ。会場から車で約20分の場所にある「ホテルルートイン仙台泉インター」(仙台市泉区)では5月1日、インターネット上で9月18~23日までの宿泊予約が殺到し、システム障害が発生。客室以上の予約を受け付けてしまい、結局5月1日以降に受け付けたこの期間のすべての予約をキャンセルして宿泊客を再抽選することになった。

 また、コンサートと同時期の9月20、21日に仙台市の宮城教育大で開催が予定されていた日本質的心理学会の第12回仙台大会は、「宿泊予約がまったくできない状態」になったとして、開催を10月に延期。同学会と仙台で共同開催予定だった日本混合研究法学会の会議も急遽、会場を立命館大大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)に移して開催することが決定した。

1/2ページ

最終更新:2016/2/1(月) 3:30
THE PAGE