ここから本文です

名古屋・栄に北欧デンマーク生まれの雑貨店オープン

2015/7/10(金) 18:52配信

THE PAGE

 海外発の人気ショップが各地で話題を集め、店頭では連日のように“行列”を作りだしている。名古屋でもここ最近、「エッグスンシングス」や「ギャレットポップコーンショップス」、「ゴントラン シェリエ」など海外の人気店が立て続けにオープン。新しいもの好きで、流行に敏感とよく言われる名古屋だけあって、オープン後しばらく経った今も行列が絶えない。そんな中、名古屋・栄に北欧デンマーク・コペンハーゲン発祥の雑貨ストア「フライング タイガー コペンハーゲン」が10日にオープンした。

名古屋・栄に北欧デンマーク・コペンハーゲン発祥の雑貨ストアがオープン

 フライング タイガー コペンハーゲンは、1995年に北欧デンマークのコペンハーゲンで誕生し、世界中で人気を誇る雑貨ストア。日本では2012年7月に大阪・心斎橋に日本1号店をオープンして以来、これまで関東、関西を中心に全20店舗を展開している。

 毎月数百種類の商品が登場し、色鮮やかなキッチン用品やユニークな文房具、可愛いキッズアイテムなどの商品がリーズナブルな価格で並ぶことから人気を集めている。

 今回のオープンを記念し、同店では名古屋栄ストア限定商品「リミテッドバック」を発売する。在庫がなくなり次第終了。

 オープンに対して、名古屋市在住の20代女性は「東京に行くと必ず行っていた店なので、名古屋にできるのがすごく嬉しいです。開店前から楽しみにしていました!」と述べた。

名古屋栄ストアは鮮度を高く

 開店前の9日、マスコミ向けに行われた先行内覧会では、同店の代表取締役CEOの山本浩丈氏が登場した。

 山本浩丈氏は、「お客様の声から名古屋店の出店を決めました。関東や関西の店舗に名古屋から来て下さるお客様が多かったので、早く名古屋に店を出したいとずっと思っていました」と名古屋に出店した理由について話す。

 東海エリア初となる名古屋栄ストアは路面店で展開。ユーモアやカラーバリエーションに富んだ商品が通常約1500種類が並ぶ予定だ。

 さらに、山本氏は「名古屋の人は東京や大阪にはないファッションセンスを持っていて、新しいものが好きなので、名古屋栄ストアでは鮮度を高く保つことに力を入れていきたい」と、東海エリア初出店となる名古屋栄ストアでの意気込みも見せていた。

 名古屋・栄には今年3月、ハワイの人気カジュアルレストラン「エッグスンシングス」が出店し、今も連日のように行列を見せている。出店から時間がしばらく経っても行列が絶えないのは、“行列好き”と言われる名古屋ならでは。

 “行列好き”の名古屋人は、フライング タイガー コペンハーゲンでどのくらいの行列を見せるのだろうか。今後の動向に期待が膨らむ。

最終更新:2015/7/10(金) 19:28
THE PAGE