ここから本文です

縄文時代の出土品などを展示する催しを7月18日から開催

2015/7/17(金) 17:54配信

THE PAGE

縄文時代の衣食住にまつわる出土品などを展示する催しが、7月18日(土)から東京都北区の飛鳥山博物館(王子1-1-3飛鳥山公園内)で開かれる。

催しは「ドキどき縄文体験-密着!縄文人のくらし-」。子どもらの自由研究対応した展示となっている。

会場では、西ヶ原貝塚から出土した土偶や貝層標本、竪穴住居の模型など約100点を展示。また、縄文人の衣服を着て竪穴住居が写されたパネルを前に記念写真が撮れるコーナーなどがある。

期間は8月30日(日)まで。毎週月曜休館(祝日の場合は開館し翌日休館)。観覧無料。

最終更新:2015/7/17(金) 17:54
THE PAGE