ここから本文です

<高校野球速報>清宮の決勝タイムリー二塁打で早実が決勝進出!

2015/7/24(金) 10:43配信

THE PAGE

 高校野球の西東京大会の準決勝、早実対日大三が24日、神宮球場で行われ、早実が注目の1年生、清宮幸太郎の先制のタイムリーツーベースで奪った2点を守り2-0で優勝候補の日大三を下して決勝へ進んだ。早実は5年ぶりの夏の甲子園出場まであと「1勝」となったが、これで清宮は5試合連続のヒット。その打棒が止まらなくなってきた。

 待望の先制点は、スーパー1年生、清宮のバットが叩き出した。

 0-0で迎えた三回二死一、二塁のチャンスに「3番・一塁」でスタメン出場した清宮に打順が回ってきた。ベンチは盗塁を仕掛けて一、三塁としてから、清宮は2球ファウルで粘って、カウントはフルカウント。選球眼のいい清宮の攻略に困り、逆に追い詰められた日大三の先発、桑村和哉が苦し紛れに投じた130キロの甘いストレートを見逃さない。金属音を残した打球は、右中間フェンスの最上部を直撃。あわやホームランの一撃で2人の走者を返し、均衡を破るタイムリーツーベースとなった。
 
 日大三の小倉監督は「清宮を意識することはない。例年通りの早実の3番打者と考えればいい」と、バッテリーに言い聞かせていた。だが、清宮の打席での威圧感を前に、なかなかストライクゾーンで勝負ができない。変化球を厳しいコースに集めて誘うが、選球眼のいい清宮はそういうボールに手を出してこない。一回一死三塁の第一打席も四球。警戒するあまりボールが先行して、最後は吸い込まれるように甘いボールを投げてしまうことになるのだ。そういう打者優位の心理状態を作る選球眼は、とても高校1年生のレベルではない。

 先頭打者として打席に入った6回の清宮は、日大三の2番手、小谷野楽夕のスライダーにスイングアウト。これが今大会5試合目にして初の三振となった。4度目の打席は追加点の欲しい8回二死走者無しからだったが、ここも小谷野の落ちるボールを三球続けて空振り。連続三振となった。

 だが、清宮は、課題の守備でも魅せた。6回一死から田中の打球は一二塁間を襲ったが、これをシングルのバックハンドで華麗にキャッチし、カバーしたピッチャーに見事な連携。日大三の反撃を許さない。

 早実は、清宮の先制タイムリーで奪った2点をエースの松本が守り、わずか3安打の素晴らしい完封ピッチングで優勝候補と下馬評の高かった日大三を下した。なお西東京大会の決勝戦の相手は、5-3のスコアで国学院久我山を下したセンバツ代表校の東海大菅生に決まった。試合後、清宮は「(決勝では)絶対に、またいいところで(打席が)回ってくると思います。力まずにチームの勝利のための(ヒットを)1本を出したい」と、甲子園出場への意気込みを語った。注目の決勝戦は、26日に神宮球場で午前11時から行われる。

最終更新:2016/1/28(木) 3:58
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 23:35