ここから本文です

「幻の戦車」を求めて 男たちはなぜ湖底を探すのか?

2015/7/28(火) 14:00配信

THE PAGE

 「にゃ~」。波打ち際で湖面を眺めていると、人なつっこい猫が足下にまとわりついてきた。2015年6月19日、「幻の戦車」が沈んでいるという湖に来てみたが、見つかったのは戦車ではなく、1匹の猫だった。写真を撮ると、逃げるどころかどんどん寄ってきた。

 ここは静岡県浜松市の猪鼻湖(いのはなこ)。南側の浜名湖と繋がる「瀬戸」と呼ばれる部分だ。

 山に囲まれた幅120メートルの海峡のような地形になっている。水深10メートル以上と深くえぐられたこの一角に、旧日本陸軍の戦車が沈んでいると言われている。しかし、想像以上に狭い。湖底を漁ればすぐに見つかりそうに思えた。

湖底に沈んだ「幻の戦車」とは?

 この瀬戸周辺では以前から「湖底に戦車がある」という話が言い伝えられていた。だが、大きな動きがあったのは、戦後50年以上たった1999年1月のことだ。地元在住の旧日本陸軍・技術少尉、大平安夫さん(当時81歳、故人)が「自分が戦車を沈めた」と中日新聞の記事で証言したのだ。

 終戦3カ月前の1945年5月、旧三ヶ日町(現・浜松市)には総員4050人からなる独立戦車第8旅団の司令部が置かれていた。アメリカ軍が遠州灘に上陸することを見越した本土決戦の布陣だった。

 しかし、何事もなく終戦。整備隊班長だった大平さんは8月下旬、司令官の当山弘道中将に、3両の車両をアメリカ軍に見つかる前に処分することを命じられた。

 中日新聞の報道によると、彼が沈めたのは「四式中戦車チト」。決戦兵器として、旧日本陸軍が2両試作しただけの「幻の戦車」だった。全長約6.4メートル、重量約30トン。アメリカ軍のM4シャーマン中戦車に対抗できるように口径75ミリの本格的な対戦車砲を装備した。1両はアメリカ軍が接収、もう1両は日本に残されたがどちらも現在は行方不明だ。

 チト以外にも陸軍の主力戦車だった「九七式中戦車チハ」と、イギリス軍から鹵獲(ろかく)した兵員輸送車も沈められた。この兵員輸送車はスクラップ業者が解体して持ち去ったが、残り2両の戦車は猪鼻湖の湖底に眠っているという。

1/7ページ

最終更新:2016/2/5(金) 4:23
THE PAGE