ここから本文です

中日が阪神に逆転負けで自力V消滅!

2015/7/29(水) 21:44配信

THE PAGE

 中日が29日、ナゴヤドームで行われた阪神戦に2-3で惜敗して6連敗、ヤクルトが広島に勝ったため、阪神、ヤクルトの両首位チームとのゲーム差が8に広がり、39勝52敗2分で借金「13」を抱える中日の自力Vが消滅した。

 中日は、先発の雄太が先取点を取られたが、4回に先頭打者荒木のツーベースを足がかりに阪神・能見の暴投と、エルナンデスのタイムリーで2-1と逆転に成功した。だが、7回一死から2番手の田島が、阪神のルーキー江越に同点本塁打を許し、2-2で迎えた9回には、一死二塁から3番手の又吉が再び江越に左中間を破る決勝タイムリーツーベースを浴びて、2-3のままゲームセットを迎えた。江越に打たれたのは、いずれも初球。前日の阪神戦で、最多試合出場の日本記録を更新していた谷繁監督兼選手はマスクをかぶっておらず、初球から振ってくる積極的な江越に対して、若いバッテリーの配球ミスが勝敗を分けることになった。

 前日の会見で谷繁監督兼選手は、混セから脱落しないためには「勝利に対する執念が必要」と語っていた。 6連敗中は、いずれも先発、中継ぎと投手陣が崩壊。この日のゲームでは、先発の雄太が6回途中まで1失点に抑える好投を見せたが、田島、又吉が1球に泣いた。監督が求める執念の見えない敗戦が続いている。
 
 ただチームは、課題の投手陣を強化するため、13日にインディアンズで中継ぎ起用されていた左腕のラファエル・ペレス(33)と、独立リーグ四国IL・香川でプレーしていたドリュー・ネイラー(29)を緊急獲得した。この日、さっそくネイラーを一軍登録したが、彼らが投手陣を立て直すためのポイントになれば、まだまだ逆襲の可能性は消えていない。

 残り試合を全勝した場合に優勝できる可能性を「自力V」と定義している。机上論では、現時点で中日は残り試合を全勝しても優勝できなくなったが、もちろん、今後の展開次第で「自力V」復活の可能性は残っている。

最終更新:2015/9/29(火) 4:48
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報