ここから本文です

大阪ただいまー 初の弾き語りツアー中の矢井田瞳が熱唱

2015/7/31(金) 9:05配信

THE PAGE

 「ただいまー!」。なにわの日で誕生日の7月28日、ヤイコが大阪に帰ってきた。昨年はアコースティック編成の「元気祭り」ライブをなんばユニバースで行った矢井田瞳。デビュー15年目を迎えた今夏は「ヤイダヒトリ」と銘打ち、初めてひとり弾き語りツアーに挑戦中。「728」のこの日は、そのヤイダヒトリの「元気祭りver.」としてスペシャル編成で行われた。

ヤイコが元キャバレー“なんばユニバース”で「元気祭り」

弾き語りライブはずっとやりたかった

 umeda AKASO(大阪市北区)のステージにヤイコが登場すると、ヤイココールと「おかえりー」の声が。「めっちゃ近いね」。そう言ってヤイコは中央に座り、ギターを手にとり語りかけるように歌い出した。

 「ヤイダヒトリ弾き語りですが、きょうは元気祭りバージョン、元気を持って帰ってもらえたらと思います。始まる前、待ってる間に(お客さんが)めっちゃしゃべるのは大阪。聞こえてましたよ。普通に話しかけられる感じも、ああ大阪に帰ってきたなあて思います」と最初のMCから笑わせた。

 弾き語りライブは5年ほど前から「ずっとやりたかった」のだという。「やる前は不安でプルプル震えていたけど、いざやってみると、その日にしかできないライブを作り上げる感じが良くて、楽しんでいます」とヤイコ。人生に立ち止まったり迷ったりしている人の背中を押したいときの曲や、SNSで募ったら関西方面でリクエストが多かった曲、12弦ギターでアレンジした曲、ライブで育ててもらった曲……。
あの曲この曲がヤイコのギターと歌、アレンジでまた別の表情をのぞかせていく。

 「元気祭りver.」だけのスペシャル、Bass(FIRE)とDrums(水野雅昭)を加えた自称「スリリング」な編成での「ヤイダヒトリじゃないもん」コーナーではひとりともバンドともまた違う力強さや味わいに。今ツアーでは1曲だけスマホでの写真撮影がOKという嬉しい企画もあり、お客さんが嬉しそうに撮影。「SNSなどにアップしてもいいよ。いいのが撮れたら私にも送ってね。」とヤイコも楽しんでいる様子で最後にはお客さんと記念撮影も。新曲も交え20曲、プレミアム感たっぷりのひとときだった。

 「矢井田瞳 弾き語りTOUR2015~ヤイダヒトリ~」はこの後、高松、松山、東京(ヤイコの日、8月15日)、名古屋、金沢、長野で開催されるが、すでに全公演がSOLD OUT。8月24日に沖縄、9月4日に東京で追加公演が行われることが決定。さらには「もう言っちゃおうかな。冬にバンドツアーが決定しました!」とヤイコがサプライズ発表、その瞬間、ファンは大喜び。熱い会場がさらにヒートアップした。

 大阪は11月14日、なんばHatchで開催され、そのほか愛知(11月11日・ダイアモンドホール)、福岡(11月13日・DRUM Be-1)、宮城(12月10日・仙台darwin)、東京(12月12日・AKASAKA BLITZ)、北海道(12月15日・札幌cube garden)と回る。

 「新しい曲も揃ってきたので、冬にアルバムを出せたらいいなとも思っています」。そう話すヤイコの目も輝いていた。

1/3ページ

最終更新:2015/7/31(金) 11:38
THE PAGE