ここから本文です

戦後70年談話「おわび」と「侵略」 安倍首相はどう語ったか

2015/8/18(火) 14:00配信

THE PAGE

 安倍晋三首相の「戦後70年談話」をめぐり、国内外でさまざまな評価がなされています。村山談話や小泉談話で明記された「おわび」や「侵略」などの言葉を盛り込み、「歴代内閣の立場は揺るぎない」と表明した談話に対して、報道各社の世論調査で「評価する」という回答が「評価しない」を上回っています。この談話のポイントはどこにあるのでしょうか。元外交官の美根慶樹氏に寄稿してもらいました。

安倍首相が戦後70年談話 おわびと反省「今後も揺るぎない」(全文付き)

中国・韓国からは抑制された反応

 安倍首相の戦後70年談話は8月14日、閣議決定の後、発表されました。「植民地支配」「侵略」「反省」「おわび」などかねてから注目されていた重要語(「キーワード」ともいわれます)はすべて談話の中に盛り込まれました。

 このうち、「植民地支配」と「反省」は、以前からとくに問題となっていませんでしたが、「侵略」については採用されるか不明でした。この言葉は、かつての日本の行為を描写するのに適切な言葉か議論があり、安倍首相自身も国会で「その定義は学問的にも国際的にも定まっていない」という見解を述べたことがありました。また、70年談話の参考とするため設置された「21世紀構想懇談会」の報告書は、「満州事変以後大陸への侵略」と本文で言いつつ、(注)で安倍首相の答弁と同趣旨のことを付記していました。

 一方、「おわび」については、同報告書はまったく触れず、盛り込むか否かは安倍首相の考え次第ということになっていました。

 重要語が盛り込まれたことは注目されますが、談話はどのように評価すべきでしょうか。談話が発表されてからわずかな時間しかたっていませんが、すでに多くの反響が内外から伝えられております。韓国の朴槿恵大統領は、「残念な部分が少なくない」と述べつつ、今後は「誠意ある行動」が必要と述べました。また中国は、「日本は侵略戦争と戦争責任を明確に説明し、被害国人民に誠実に謝罪するべきだ。この重大な原則的問題をごまかしてはならない」と論評しました。両国とも談話を称賛してはいませんが、抑制された反応であったことは外交上留意すべきでしょう。この談話により韓国や中国との関係が進むとは思えませんが、悪化させることはなかったと思われます。

1/3ページ

最終更新:2015/11/24(火) 3:48
THE PAGE