ここから本文です

甲子園のメディア暴走に対する取材禁止の是非

2015/8/23(日) 20:00配信

THE PAGE

 優勝した東海大相模の小笠原、早実の清宮、関東第一のオコエというスターが最後まで勝ち残ったことで、100年目の夏の甲子園は大きく盛り上がったが、その裏で取材が過熱する余り、いくつかの問題が起きた。そのひとつが、TBSの取材禁止事件。混乱を避けるため取材禁止エリアとされていた甲子園球場の場外で、取材証を持たないクルーが、長蛇の列を作っていたファンに対してカメラを回していたため、大会本部役員が注意すると、「個人撮影です」と嘘の説明をしてさらに取材を続けたため、大会本部はTBSのすべての取材証を取り上げ、来年の大会の取材証も発行しない厳しい処置が決められた。

 一部では、「選手に直接の迷惑をかけたものでも、混乱を招いたものでもなかった取材に、そこまで厳しい処置を下す必要があるのか」「来年の取材は関係ないのではないか」という声もあったが、実は、今大会のメディアの暴走は、これだけではなかった。

 甲子園球場の廊下に置かれていた大会本部から報道陣への連絡用のホワイトボードには、取材違反に関する報告文書が、6、7枚、貼り出されていた。TBSの取材違反が表沙汰になったのもこの貼紙だが、中にはこんな事件もあった。

 長崎文化放送の社員が取材証を使って入場、しかも、アルプススタンドでビールを飲んでいたというもの。その人物は取材記者でなく社員だったが、満員でチケットが買えず入れなかったため、取材証を同社の記者から借りて入場、お客さんからの通報があったという。

 またRKB毎日放送のラジオレポーターも、宿舎からの移動期間の取材が禁止されているにもかかわらず、九州国際大付属のチームバスに乗り込んで取材したため、取材証を取り上げられた。
 
 大会本部は、選手の練習環境を守り、大会運営の混乱を避けるため、いくつかの取材ルールを決めている。取材証の貸与禁止はもちろん、チームの宿舎までの移動取材や、球場周辺取材の禁止も、その規定の一部。またアルプススタンドの応援団の交代時の取材禁止、試合後の選手へのインタビュー時の写真撮影も禁止されるなど、主に混乱、トラブルに発展してしまうことを避けるため取材上のルールが厳しく定められている。

 現場取材に関しては、関西運動記者クラブ、関西写真協会の幹事が交替で出てきて、取材ルールが厳守されているかを監視している。一方、試合前には、必ず両チームともに室内練習場にて取材時間が設けられていて、時間内での取材はチームの監督、部長、コーチ、選手、マネージャーら関係者の誰を取材しようが自由で、報道そのものに制限をかけられているわけではない。逆に混乱がおきないように配慮されている。

1/2ページ

最終更新:2016/2/25(木) 2:59
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 18:10