ここから本文です

新バスケット「B.LEAGUE」にホリエモンが仰天公約!

2015/9/15(火) 20:08配信

THE PAGE

 NBLとbjリーグが統合された新プロバスケットリーグの名称、及びリーグロゴが15日、都内のホテルで、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットリーグによって発表された。2016年秋に開幕する新プロバスケットリーグの名称は「B.LEAGUE」(Bリーグ)。ロゴもBLGの3つのアルファベットを使った黒と白のシンプルなもの。「B」はバスケットの「B」であり、Be動詞の意味もこめられ、バスケットの未来と可能性が表現された。

 この日の理事会で正式にチェアマン(理事長)に就任した大河正明氏は、バスケットが持つ潜在能力の高さをデータで明らかにした上で、新リーグの目指すビジョンも発表した。「世界で通用する選手チーム」「エンターテイメント性の追及」「夢のアリーナ」の3点で、「オリンピックでメダルを獲得できるような代表チームにつなげたいし、見にきてくれるファンが楽しめる演出や大会方式を考えていきたい。将来的には1万人規模のアリーナも全国的に実現したい」と言う。
 
 名称とロゴの発表後に、同協会の川淵三郎会長と、日本代表でリンク栃木でプレーしている田臥勇太、ホリエモンこと、堀江貴文氏の3人でトークショーが行われたが、注目は堀江氏の発言だった。

 すったもんだした東京五輪のエンブレム問題に絡めて「シックですごくいいデザインですが、パクリじゃないですか? 大丈夫ですか?」と、質問して場内を沸かせた。川淵会長は「商標が登録されたということは大丈夫でしょう。私のようないい年した人間は意見を言ってはいけないと思ったので、若い女性に聞け!と、若い女性が、これがいいと言った」と苦笑い。今回のロゴは、株式会社インターブランドジャパンに製作を依頼、100近い数の複数の候補を3つの高校の協力を得てアンケートなどを実施して慎重に決定したという。

 トークショーでは、それぞれが「Bリーグ」に向けての公約をボードに書いた。川淵会長は「オリンピックのメダル獲得」。選手の立場で田臥は、「ベストなスタート!」としたが、「この場で書くんですか?」と戸惑っていたホリエモンは「100万人集客への貢献とIT企業の誘致」と2つの公約を掲げた。

1/2ページ

最終更新:2016/2/17(水) 2:44
THE PAGE