ここから本文です

出場停止が影響? Jリーグ優勝・降格争い

2015/9/23(水) 8:00配信

THE PAGE

 今季のJリーグ選手登録期限が9月18日をもって締め切られた。これにより、リーグ戦は現在登録されているメンバーで戦うこととなる。終盤に突入した今、あらためてその補強内容やケガ人、累積警告者数など今後の試合に影響を及ぼしかねない要素を振り返ってみたい。

失速避けたい浦和が層の厚さを見せるか

 表1-1には、J1リーグで優勝&残留争いを繰り広げるチームのケガ人・累積リーチ者数を、表1-2には各チームの今後の展望をまとめた。まずは優勝争いから見てみたい。それぞれ優勝を争うライバルとの戦いを2戦ずつ残しているが、3位F東京、4位G大阪は浦和、広島戦で敗れると後がない状態となるだけに落とせる試合は一つもない。

 首位を走る浦和は、森脇・ズラタンが累積リーチ。次節鹿島戦では那須が出場停止と前節槙野に続いて2戦連続で守備の一角を欠く厳しい戦いとなりそう。とはいえ、阿部・永田らベテラン守備陣がカバー出来得る層の厚さは他にない武器。このまま充実した戦力でラストスパートも有り得る。

 2位の広島はドウグラスが出場停止になった時の戦いが今後のカギとなりそう。野津田や浅野ら若手が控えるものの、得点ランク3位の実力者の存在を全員でカバーできるか。そのためにもここ3年間、好相性の清水・川崎F・湘南戦は勝利が必須となりそう。

ケガ人多数のF東京に過密日程G大阪

 3位F東京はケガ人の多さが気になる。太田も脇腹痛で練習を回避するなどこれ以上の戦力ダウンは避けたいところ。残り試合数は少ないものの、森重、中島(2試合)、高橋(3試合)は各選手あと3枚もらうと複数試合出場停止となるだけに不必要なファウルには気を付けたい。

 首位と勝点10差の4位G大阪はこれ以上負けられない。岩下・倉田・パトリックらチームのセンターラインに累積リーチが揃っているだけに、急な戦力ダウンも否めない。さらにACL準決勝もあり日程的な肉体面も他チームに比べて負荷となりそう。

J1残留争いの行方は?

 続いて残留争いを見てみたい。現在1試合少ない松本、清水、同山形の順で降格対象となっている。

 勝点31の12位仙台は、ケガ人も出場停止となりそうな選手がいないだけに、降格争いのライバルとの試合に勝てばほぼ残留か。また同勝点の13位鳥栖は浦和・広島との戦いが残っているものの、他は下位との試合なだけに、ここをいかに勝ちきるかで残留が見えてきそう。ただし、ここまでチームをけん引してきた鎌田の負傷状態がどうなのか。その点が今後を左右しそう。

1/3ページ

最終更新:2016/1/25(月) 4:10
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合