ここから本文です

COW COW・多田 どん底時代を支えてくれたナイナイ・岡村の優しさ

2015/9/23(水) 15:00配信

THE PAGE

 9月9日に行われたお笑いバトル「歌ネタ王決定戦2015」で「COWCOW」として優勝、2012年にチャンピオンとなった「R-1ぐらんぷり」とあわせて2冠をゲットしたのが“伊勢丹柄のスーツ”でもお馴染みの多田健二さん(41)です。“劇場番長”の異名どおり、長らく舞台での活動が目立っていましたが、2011年に“あたりまえ体操”でブレイク。メディアにも活躍の場を広げましたが、一向に光が当たらないどん底の時代を支えたのは「ナインティナイン」岡村隆史さんの一言だったと言います。

 僕は、ホンマにたくさんの方々にお世話になってきましたんで、なかなか「この人が恩人です!!」というのが言いにくくて。それくらい、皆さんに支えてもらって今日までやってきましたから。ただ、プライベートでどなたと一番一緒にいたかなと考えた時、お名前が挙がるのが「ナインティナイン」の岡村隆史さんなんです。

 2001年、第1回「M-1グランプリ」が行われた年に東京に出てきたんですけど、そこで、岡村さんも出てらした「ジャングルTV~タモリの法則~」(TBS系)のコーナーに出たり、「ナイナイサイズ!」(日本テレビ系)の前説をさせてもらったりして、岡村さんとご一緒することになっていきました。

 基本的には岡村さんって、後輩を引き連れて飲みに行くというのをあまりされないんですけど、そこは今でも不思議ながら、波長があったのか、よく連れて行っていただくようになりまして。多い時で週3回、少なくても週1回はご一緒してました。

 2人だけで行くこともよくありましたし、後輩の僕が言うのはホンマにアレなんですけど、とにかく居心地がいいんです(笑)。全然、スター目線じゃないと言いますか、同級生と飲んでるみたいな感覚で。

 ちょいちょい“お見合い会”という試みもやってまして。ま、言うても、普通に女性と飲むだけなんですけど(笑)。岡村さんから「女の子を呼んで」なんておっしゃることは絶対にないものの、ま、1軒目は岡村さんと2人だけで行って、2軒目も同じトーンなのもナニなので、ちょっと趣向を変えて、みたいなことで僕が声をかける時もありまして。

 ただね、そんな時でも、ホンマにフツーなんです。例えば、女の子が「私、男の子の友達も多いんです」みたいなことを言ったら、岡村さんが「いや、男と女の友情なんて成立せえへんよ!!」とそこに普通に乗っかってマジで話していく。常に、誰とでも目線が同じというか、等身大というか、スター感がないと言いますか(笑)。

 あと、岡村さんも僕もジャージーが好きなんですけど、ある時、僕が着ていたジャージーを見て「それ、格好エエやん。悪いけど、時間がある時に、買ってきてくれへんかな?絶対に(着る日が)カブらんようにするから」と。後日、買ってお渡ししたんですけど、そしたら、次に会った時に、まぁ、見事にカブりまして(笑)。

 そしたら、楽屋で僕に会うなり「スマン!!」と言ってすぐジャージーを脱いで、誰にも見つからないようにカバンの中に押し込まはったんです。その日は、結局上着を着ないで過ごしてらっしゃいました。律義というか、優しいというか、かわいいというか、そんな方なんです。

1/3ページ

最終更新:2016/2/25(木) 3:04
THE PAGE