ここから本文です

不景気の影響!? 芸能界で増えるマイカー移動事情

2015/9/24(木) 16:00配信

THE PAGE

 先月30日、人気バンド「SECRET 7 LINE」のベースでボーカルのSHINJIさんが、福岡でのイベントを終え、メンバー自身が運転する機材車で東京へ戻る途中に車が横転して亡くなるという痛ましい事故が起きた。昨年10月には、タレントの桜塚やっくん(本名・斎藤恭央さん)が、山口県の中国自動車道の下り線で乗車していた男性5人乗りのワンボックスカーが中央分離帯に衝突し、車外に出た後、後続の車2台にはねられて亡くなるという悲しい事故もあった。

周囲の目を意識する芸能人は車での移動が主流

 芸能人といえば、周囲の目を意識する職業柄、電車をはじめとする公共交通機関よりも、車やタクシーなどを交通手段にしているイメージが強いが、芸能プロダクションのマネジャーは明かす。

 「下積み時代は稼ぎもそれほど良くないので、普通に電車やバスで移動させていますけど、ある程度売れてからはマネジャーや運転手に車で送り迎えさせたり、タクシーを使わせたりしています。ただ、不景気の昨今では超売れっ子を除いて、一人ひとりのタレントに専属のマネジャーや運転手をつける余裕はないですからね。タクシー代もバカにならないし、最近は自分で車を運転して現場入りする芸能人も多いですよ」

 大御所芸人や国民的アイドルグループのメンバー、人気歌舞伎役者など今を時めく売れっ子芸能人の中にも、「自分で運転するのが好き」や「移動中くらいマネジャーと離れて一人で行動したい」といった理由から、あえて自分で車を運転して現場入りする者もいるという。

バンドはメンバー交代運転で経費抑えられる

 ちなみに、一括りに芸能人といっても、ジャンルによって傾向に違いがあるそうで…。

 「俳優や女優の場合、自分の出番に関係なく一つの現場での拘束時間が長くなったり、仕事現場が郊外にあるスタジオやロケ現場などアクセスが不便な場所になったりすることが多いので、自分で車を運転して直接現場入りする傾向が強いですね。もちろん、ドラマや映画で主演を張るクラスの売れっ子に関しては、マネジャーや運転手が送り迎えしていますけど、若手や中堅、ベテランになるとマネジャーが現場に来ないことすらありますからね。お笑い芸人の場合は1日に複数の現場をかけ持ちすることが多いので、タクシーを使う人も多いです。アイドルグループなんかは団体行動が基本なので、大きめの車やバスでの移動がもっぱらですね。まあ、集合場所まではメンバー各々電車で来たりもしますけど」(同芸能プロマネジャー)

 前述の痛ましい事故は、どちらも芸能人自身が運転していた際に起きたとされているが、「一部の売れっ子は別として、バンドの場合は基本的にメンバー全員揃っての行動がほとんどですし、楽器をはじめ機材も多いため、遠距離でも車で移動するケースが目立ちますね。免許を持っているメンバーが交代で運転すれば電車を使うよりもかなり経費面が抑えられますからね」(同マネジャー)とのこと。

1/2ページ

最終更新:2016/1/26(火) 3:23
THE PAGE