ここから本文です

DAIGO、「BREAKERZ」ツアー最終公演でチャリティーマラソン完走を報告

2015/9/27(日) 20:06配信

THE PAGE

 DAIGOがボーカルを務めるロックバンド「BREAKERZ」が26日、東京・後楽園のTOKYO DOME CITY HALLで、2年半振りに開催された全国ツアー「BREAKERZ LIVE TOUR 2015」の追加公演を行った。

 7月にリリースされた最新アルバムを引っさげ行われた今回のツアー。
 実質最終公演にあたるこの日、超満員となった会場は、DAIGOの「行くぞ、東京!!」の声に会場のボルテージは一気に高まり、メンバーたちは立て続けに再始動シングルとなった『WE GO』をパフォーマンスした。
 DAIGOの「TTA、東京、とにかく、暴れようぜ!!」という、おなじみの“DAI語録”でライブは再開。タイトなギターリフが印象的な『Daydreamer』、重厚なサウンドの『Dark Night』などライブ映えにするナンバーが続く。

 さらに、このブロックの最後には、ツアー中にDAIGOがチャレンジした日本テレビ系「24時間テレビ38 愛は地球を救う」のチャリティーマラソンのことを歌った『RUN AND RUN』を、DAIGO自ら走るそぶりを交えながら披露。曲終わりには「24時間マラソン完走しましたー! 37歳の夏、一生忘れません!!」と改めてファンに報告して会場をわかせた。

 その後も、アルバム唯一のバラードナンバー『fate』やジャズテイストで妖艶な『My Sweet Rose』、『灼熱』『DESTROY CRASHER』とライブでおなじみのナンバーで会場のテンションをさらに上げ、「BREAKERZ」史上1、2を争うハードナンバー『OUTRAGE』で本編を終了。アンコールでは、12月発売予定の新曲『YAIBA』も初披露された。同曲は10月からテレビ東京系で放送されるアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」のオープニングテーマとして起用されるという。

 最後にDAIGOは「最後に俺たちの想い受け止めてくれますか!?」とファンに呼び掛けると、『WE ARE』を会場の全員で歌い上げ、全19曲約2時間のライブは幕を閉じた。

最終更新:2015/10/28(水) 2:37
THE PAGE