ここから本文です

阪神のV逸理由は「ぬるま湯体質」

2015/10/1(木) 13:00配信

THE PAGE

 阪神の和田監督の今季限りの退任が発表された。残り2試合だが、4位の広島に1.5差と追い上げられ、CS出場も決して安全圏ではない。一昨年は3位で昨年は2位。CSを勝ち抜いて日本シリーズ進出を果たした。3年連続のAクラスとなれば成功とも言えるが、混セとなり、最大のチャンスだった今季、18日の横浜DeNA戦から始まった12連戦でつまずき優勝には手が届かなかった。残念、失敗感の方が強い。

 問題はどこにあったのか?
 元巨人OBでヤクルト、西武で監督も務め、阪神のブレーンでもあった広岡達朗氏は、「監督以下コーチ陣の指導能力に問題があった」と厳しい指摘をする。

「和田監督は人が良すぎた。言われたことは一生懸命やるが、コーチ陣も阪神のOBで固められ、なあなあのぬるま湯体質に見える。傷を舐めあっていて勝てるわけがない。勝ち方を知っているコーチがいないのが問題で、そういう癖のあるコーチがいないと、今回の阪神のように競ったときに勝ちきれない。上に立つ人が、勝つという執念と俺が責任をとるというものを持っていれば必ず勝てるし、上が変われば選手も変わるものだが、阪神の指導者にはそれがなかった」

 確かに現コーチ陣で、阪神でのユニホーム経験のないのは、高代・作戦内野守備走塁コーチだけ。関川打撃コーチや山田バッテリーコーチのような外の水を飲んできた指導者もいるが、広岡氏からすれば“ぬるま湯体質”に見えたのだろう。
 実際、プレッシャーがかかる試合が続く中で、選手にとって効果的な、本当に重要な戦略的なワンポイントアドバイスを送ることのできる指導者も少なかった。

 和田采配も、すべてが後手だった。
 選手を信頼していたとも言えるが、すべてが選手任せの無責任な馬なり野球だとも言えた。打線が不振で1点を取らねばならないケースで、スクイズやセーフティースクイズ、ギャンブルゴーなどの仕掛けも、ほとんどなかった。その典型が2試合。ひとつは9月10日の巨人戦。1点を追う9回一死三塁で、走者、上本、打者、梅野の場面。梅野はショートゴロに倒れたが、ゴロゴーのサインが出ていないため、上本は自重。狩野、鳥谷と続く打順を考えると自重もあるだろうが、なんとしても点を奪うという執念があれば、ゴロゴーの作戦はありだった。結果的に2者が凡退。この試合も落とした。

 もうひとつは、9月21日のヤクルト戦である。2-2で迎えた一死満塁で打者・大和の初球にスクイズを敢行。相手バッテリーは、ノーマークでロマンはストライクゾーンにスライダーを投げてきたが、堅くなった大和は、これをファウルにした。大和の技術不足が非難されるべきことだろうが、これまでそういう野球をしてきていなかったのだから、突然、決めろと言われた大和が緊張するのも無理はなかった。

 その一方、序盤にピッチャーがバッターで「ゴロゴー」のサインを出して、さすがにコーチ陣にたしなめられたこともあった。ペナントの流れや先を見たマネジメント、ゲームの流れを読む指揮官の試合勘のようなものが大きく欠けていた。

1/3ページ

最終更新:2016/2/4(木) 3:58
THE PAGE