ここから本文です

<CS速報>阪神がGMアベックアーチで逆王手!

2015/10/11(日) 17:48配信

THE PAGE

 クライマックスシリーズのファーストステージ第2戦が11日、東京ドームで行われ、阪神がゴメス、マートンのアベックホームランなどで、バースデイ登板だった巨人の先発、菅野を撃沈。阪神・先発、メッセンジャーも7回を2失点に抑え、8回からは高宮、安藤、福原と細かくつなぎ、4-2で巨人を倒し1勝1敗の逆王手とした。勝ったチームがファイナルステージ進出を決める(引き分けの場合はレギュラーシーズン上位の巨人が進出)。明日12日の先発は、巨人がポレダ、阪神が能見の予定。

 短期決戦のCSに躊躇は厳禁である。
 和田監督は、1番・上本、3番・鳥谷、5番・福留で臨んだ第1戦のオーダーが機能しなかったことを認めると、迷わず動いた。1番・鳥谷、2番・上本、3番・福留に変えてきた。レギュラーシーズンを戦ってきたその打線が、先発・菅野の立ち上がりに襲い掛かった。

 一回、鳥谷が四球を選び、上本がバント。レギュラーシーズンで菅野に対して.600と好相性の福留は三振に倒れたが、ゴメスが外のスライダーを左中間へ先制の2ラン。「積極的にいくことを考えていた。菅野に相性は悪かったが、短期決戦では関係ない」とゴメスは語ったが、外に意識のあったゴメスに対しての小林の配球ミスにも助けられた。続くマートンも初球をフルスイング。レフトの亀井がゆっくりと下がって打球を見送った。

「昨日は悔しい試合だった。今日は負けるわけにいかない。菅野は好投手だから、いいボールは最初から積極的にいくつもりだった」

 菅野に失望感を与えるアベックアーチ。両外国人のアグレッシブな気持ちがプラスに変わって、王手をかけられていた阪神が大きな先取点を奪う。

 阪神の球団サイドはマートンと来季の契約更新する考えはなく、今季限りで退団となるが、本人は引き続き日本でのプレーを希望している。CSは、他球団へアピールする絶好の場。モチベーションは高い。

 一方、第1戦を勝った巨人も動いてきた。ノーヒットだった3番・坂本を7番に下げ、長野を3番に入れ、3安打と気を吐いた井端を6番に上げた。3点を奪われた、その裏、巨人の先頭の立岡が、インハイのストレートを捉えて右中間を破る。センターの江越のまずい打球処理も手伝ってスリーベースヒットとなった。一死三塁から片岡の三塁ゴロの間に、あっさりと1点を返す。
 
 

1/2ページ

最終更新:2015/12/12(土) 4:16
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 19:15