ここから本文です

<CS速報>ヤクルト打線爆発で4-0の快勝!

2015/10/15(木) 20:51配信

THE PAGE

 クライマックスシリーズのファイナルステージ、ヤクルトー巨人の第2戦が15日、神宮球場で行われヤクルトが4-0で快勝した。ヤクルト打線は、川端、山田、雄平、バレンティンが揃ってマルチ安打以上を記録するなど爆発、守っては、先発の小川が粘り強いピッチングを見せ8回まで5安打無失点、9回はバーネットが締めて完封リレーした。これで1勝のアドバンテージを持っているヤクルトの2勝1敗。明日の第3戦の先発はヤクルトが館山、巨人は菅野が予想されている。

CSファイナルの開幕戦では眠っていた山田が目を覚ました。
 マイコラスの前に、3回まで打線はわずか1安打。山田も最初の打席は外の変化球に空振りの三振に倒れていたが、4回、先頭の川端がライト前ヒットで出塁すると、続く山田がレフト線にツーベースヒット。無死二、三塁にすると、畠山がライトへきっちりと先制の犠飛を打ち上げた。さらに一死三塁で雄平の打球は、一塁への強烈なゴロ。だが、ここで巨人に守備の乱れが生まれる。

 阿部がゴロをさばいたが、三塁走者の山田が飛び出ているのをみて、ホームではなく、三塁へ送球したのだ。だが、送球前には山田がスタートを切っていたため、ホームインに成功。阿部にフィルダースチョイスがついた。トリプルスリーにふさわしい、まさに山田の打と走で、ヤクルトが先手を取った。
 
 山田のバットが止まらない。
 7回にも川端が糸を引くライナーをライト前に返すと、山田の打球がしぶとく三遊間を抜けていく。無死一、二塁。畠山は三塁邪飛に倒れたが、雄平の詰まった打球がセンター前に落ちて満塁となり、打席には前の打席で1本ヒットの出ているバレンティン。マイコラスのカーブを強振せずにセンター前へ。これが2点タイムリーとなって、シーズン11連勝を記録している“浮沈艦”のマイコラスを撃沈した。バレンティンは一塁ベース上で雄たけびを挙げた。

「緊張したが、冷静に大きいのを狙わずにセンター前を狙った。ファンの声援で自分も興奮した。昨日はヤクルトらしい試合じゃなかった。」

1/2ページ

最終更新:2015/11/15(日) 2:37
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報