ここから本文です

現在のニュースは“回転寿司” 時代の変化にBBCはどう対応する?

2015/10/15(木) 22:00配信

THE PAGE

 ソーシャルメディアの登場などで、メディアを取り巻く環境は目まぐるしく変化している。そんな中、英国放送協会(BBC)が10月から日本語版ニュースサイトを開設した。15日に行われた立ち上げイベントでは、BBCグローバルニュースリミテッドのジム・イーガンCEOが、津田大介氏らジャーナリストやネットメディア関係者とパネルディスカッションを行い、日本のメディアを取り巻く現状について語り合った。伝統的なメディアはこうした変化をどう感じ、どう対応するのか。

【アーカイブ動画】BBC日本語版サイト開設 津田大介氏らがトークイベント

 トークショーには、BBCワールドジャパンのデジタル・エディター、加藤祐子氏がモデレーターとして出席、パネラーには津田氏のほか、スマートニュース執行役員の藤村厚夫氏、LINE上級執行役員の田端信太郎氏が参加した。

「アラカルト」で食べるニュース

 ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアの台頭で、メディアを取り巻く環境は大きく変わった。田端氏は、現在のメディアの状況を“回転ずし”に例える。

「かつては筑紫哲也さんのような有名なアンカーがいて、そこには『寿司屋のおすすめ』一本しかなかった。ただ視聴者からすると、かっぱ巻きだけ食べたい人もいる。いまは好きなモノを好きなだけ、アラカルトで食べられるような時代になった」

 ニュースが“消費”される場面も、いまはスナックでも食べるように、スマホで空き時間に数分間というような具合で、優雅に2~3時間かけて食べる状況ではないと指摘する。

 回転ずしが出た当初は、寿司職人から「あんなのは寿司じゃない」という批判が出たはずだが、消費者にとってはそんな職人の精神論は関係ない。「デジタルスマホ時代になって、良くも悪くもアラカルトが出てきてしまった」と語る。

 そんな時代に、あくまで「マスターシェフがいる古臭い放送局の代表格であるBBC」(加藤氏)はどう対応するのか。イーガンCEOは、現在の視聴者は、ニュースへの「参画意識」が高くなっているという。「われわれは技術革新に合わせてどんどん変革してきた。視聴者の変化に対応していかないといけない」と時代の変化への柔軟な対応が必要だと強調した。

1/2ページ

最終更新:2015/11/16(月) 2:37
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ