ここから本文です

<CS速報>ソフトバンクが無敗で2年連続日本シリーズ出場決定!

2015/10/16(金) 20:53配信

THE PAGE

 クライマックスシリーズのファイナルステージ、ソフトバンク対千葉ロッテの第3戦が16日、ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが“シリーズ男”内川の先制点などで3-1で勝利。3連勝(アドバンテージの1勝を加えて4勝)で2年連続16度目の日本シリーズ進出を決めた。ロッテは、最多勝を狙った関係でファーストシリーズの第3戦に登板したエースの涌井をファイナルステージでは、使えないまま敗退するという屈辱を味わうことになった。

 それは4番・内川のタイムリーから始まった。
 最初の打席、左手首に死球を受けた。内川は苦悶の表情を浮かべながらマウンドのロッテ先発、石川をにらみつけた。3回二死ながら、ヒットのランナー明石をセカンドに置いた先制機。2度目の打席に入る内川には、内角のボールへの恐怖感はなかった。むしろ気力が満ち溢れている。カーブを引っ張った。打球は三遊間を破る。ホームはクロスプレーとなったが、明石の足が先に滑り込んだ。明石が両手を叩き喜びを表現した。

「カーブです、明石がよく走ってくれた。ナイスラン!」

 初戦はサヨナラ打、第二戦も決勝タイムリー、絵に描いたシリーズ男となった内川の声がベンチで弾む。
 工藤監督は、就任するとキャプテン内川を4番に指名した。内川は、8年連続のかかっていた3割が打てず「シーズン中に4番の仕事を果たせなかった」と、このポストシーズンでの汚名返上を誓っていた。
 その気持ちが形となる、まさに内川のためのシリーズとなった。

 さらにイ・デホの振りぬいた打球は、右中間のテラス席へ。追撃の2ラン。
「打ったのはカーブ。バットがよく振りぬけた」
 イ・デホも、これでファイナルシリーズ2本目のアーチ。

 この試合に勝つか、引き分けで日本シリーズのチケットを手にする。工藤監督は「ひとつも負けない」と開幕前に決意を語っていたが、一気のスイープに向けてソフトバンクの勢いが止まらない。

 一方、引き分けもしくは負けで終焉となる崖っぷちのロッテは、ソフトバンクの先発、中田に対して、4番に角中を入れるという大胆な打線を組んできた。二回、その角中が先頭打者としてツーベースで出塁。先にチャンスをつかんだが、福浦のライトフライで一死三塁とした後、クルーズ、今江が連続三振。5回には一死から、そのクルーズ、今江が連打で一、三塁のチャンスを作り、鈴木のセカンドゴロの間にクルーズがホームイン、1点を返した。

 7回、また先頭の角中のライト前ヒットからさらに反撃機を作る。続く福浦が四球を選び無死一、二塁にすると、ソフトバンクは、中田から千賀にスイッチ。CSでは、中継ぎ待機しているソフトバンクの秘密兵器である。クルーズは、ストレートに差し込まれ、6-4-3の併殺打。二死三塁から、今江もショートゴロに倒れ、流れを引き寄せることができない。

 逆に先発の中田は、「千賀様様です!」とベンチで出迎えた。
 千賀は、回を跨いで8回もその球威と落差のあるフォークでロッテ打線をパーフェクトに抑えこみ、9回からは、クローザーのサファテ。代打・デスパイネ、清田、角中の3人をピシャリと抑えて2点のリードを守りきった。シーズン90勝を挙げた無敵の王者らしい戦い方で2年連続の日本シリーズ進出を決めた。

1/2ページ

最終更新:2016/2/17(水) 2:54
THE PAGE