ここから本文です

<日本S速報>ヤクルトが山田の3連発で一矢!

2015/10/27(火) 21:58配信

THE PAGE

プロ野球日本シリーズの第3戦が27日、神宮球場で行われ、ヤクルトの山田が、日本シリーズ史上初となる1試合3本塁打で、本塁打の応酬で粘るソフトバンクを突き放し、8-4で勝利した。久古、オンドルセク、バーネットのリレーでリードを守るヤクルトの必勝パターンでシリーズの対戦成績を1勝2敗とした。

 待望の一発だった。
 ピンチの後にチャンスあり。初回の一死二、三塁のピンチを切り抜けたヤクルトは、ソフトバンクの先発、中田から先頭の上田が四球を選び出塁。一死からトリプルスリー、山田が快音を残した。高めに浮いたスライダーを見逃さない。打球はバックスクリーン左へ先制の2ランとなって飛び込んでいった。

「追い込まれていたが、当てにいくことなくしっかりと振りぬけた」

 だが、連勝で神宮に乗り込んできたソフトバンクの勢いは止まっていなかった。2回、工藤監督が「調子がいい」と手ごたえを感じていた下位打線で一死一、二塁のチャンスを作った。ピッチャーの中田が送りバントに成功。二死二、三塁として、打者・福田に杉浦が投じた初球のフォークが、ベース付近でワンバウンドとなり、中村が胸に当てたが大きくはねかえって、一塁ファウルグラウンドに転々とする間(記録は暴投)に、三塁走者の今宮がホームイン。さらに二死三塁と続くチャンスに福田が、一、二塁間を破る同点タイムリー。ヤクルトバッテリーのミスにもつけこみゲームをすぐに振り出しに戻した。

 もう負けられないヤクルト。引っ張るのは目を覚ました山田だ。3回二死からアウトコースのストレートをジャストミート。打球は、またバックスクリーン左の1本目と、ほぼ同じ場所へ。セ・リーグの本塁打王に恥じぬ2打席連続アーチで1点を勝ち越した。「ストレート。ツーアウトで走者がいなかったので、狙い球を小さく絞った。感触も良かったし、自分のスイングで完璧に捉える事ができた」。ベンチで山田の声が弾む。ソフトバンクも、その裏、先頭の今宮がセンターバックスクリーンに飛び込む同点ソロ。5回、先頭の明石もバックスクリーンへ勝ち越しのソロを放ち、一発攻勢で逆転したが、山田のバットがまた火を噴く。

 5回二死から川端が四球を選ぶと、山田の打席で、ソフトバンクは、シリーズ用の秘密兵器、千賀にスイッチ。カウント3-1からのインサイドへのストレートだった。詰まったかのように見えた打球は、逆転の2ランとなってレフトスタンドへ消えた。日本シリーズでの1試合3発は、史上初の快挙。2試合にまたがってのシリーズ3打席連続本塁打は、1970年の長嶋茂雄氏、2003年には四球をひとつ挟んで金本知憲氏が記録しているが、1試合での3打席連続アーチは過去に例がない。

1/2ページ

最終更新:2015/11/27(金) 2:38
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 20:35