ここから本文です

<日本S速報>ソフトバンクが4番の4打点で王手!

2015/10/28(水) 22:26配信

THE PAGE

 日本シリーズの第4戦が28日、神宮球場で行われ、ソフトバンクが6-4で粘るヤクルトを振り切って3勝目、日本一へ王手をかけた。4番のイ・デホが、先制タイムリーを含む4打点の大活躍。ヤクルト打線に粘られたが、昨日、3本塁打の山田を2三振、ノーヒットと封じ込んで強力打線を分断した。

 4番の使命感だ。
 ソフトバンクが、振り出した雨で、制球不安定だった館山の立ち上がりを攻める。先頭の福田が歩き、続く明石の二ゴロで進めることができなかったが、柳田が四球を選び、一死一、二塁となってイ・デホの打球は川端のグラブをはじき、レフト前へ抜けていった。

 3回も、先頭の福田がセンター前ヒットで出塁、バッテリーミスで二塁を盗み、明石が四球。柳田もストレートの四球で歩き、無死満塁となって、再び4番のイ・デホ。真ん中に入ってきたコントロールミスのボールをとらえ、低い弾道の打球は左中間を抜ける。走者一掃の3点タイムリーツーベース。イ・デホは右手を突き上げてガッツポーズ。前日は、寝違えでフルスイングができず、3打席で交代。体調はまだ万全ではなかったはずだが、この日は、館山の誘い球に一切手を出さなかった。

「どちらもストレート。満塁という最高の場面でタイムリーが出て本当によかった」

 内川が直前に肋骨骨折の悪化でシリーズを欠場。昨年までの4番の椅子に戻ったイ・デホは、プレッシャーに苦しむこともなく、頼れるシリーズ男となっている。

 さらに二死一、二塁と続いたチャンスに細川の三塁線を破るタイムリーが飛び出し、一気に4点を追加してゲームの流れをつかんだ。一方、先発の責任を果たせなかった館山は「四球が多すぎた」と唇をかんだ。

 ヤクルトは3回、館山の代打・森岡がヒットで出塁。一死から川端の三塁ゴロが雨の影響でバウンドが早くなって松田がトンネル。一死一、二塁として、昨日、衝撃の3打席連続本塁打を放った山田が打席に。しかし、追い込まれ攝津の低めいっぱいにコントロールされた141キロのストレートを見逃した。呆然とした表情。続く4番の畠山の強烈な打球は、再び、サードを強襲し、松田はグラブに当てるのが精一杯で二死満塁となったが、雄平は、変化球に三振。反撃機を逃す。雄平のシリーズ打率は、1割にも届いていない。深刻な不振でブレーキ役となってしまっている。

 4回、バレンティンがシリーズ初ヒットとなるレフト前ヒット。今浪がライト前ヒットで続くと、三塁まで激走した。無死一三塁で、中村のセカンドゴロの間にバレンティンがホームイン。1点を返すが、ソフトバンクも、6回、シリーズ初マスクをかぶった細川が、ヤクルトの3番手の松岡から左中間にソロ。「フォーク。そろそろ追加点の欲しかったところだった」。6-1とリードを広げる大きな一発となった。

1/2ページ

最終更新:2015/11/28(土) 2:35
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 19:35