ここから本文です

プレミア12の各国の本気度とは

2015/11/7(土) 16:00配信

THE PAGE

いよいよ、明日8日の日本vs韓国戦(札幌ドーム)を皮切りに野球の国際大会「プレミア12」が始まる。藤波晋太郎(阪神)、内川聖一、柳田悠岐(ともにソフトバンク)らが故障のため、出場を辞退。また、メジャー組は参加できないが、メジャー移籍が視野に入る前田健太(広島)、大谷翔平(日本ハム)らが出場するなど、「プレミア12」に臨む日本のメンバーからは、十分に本気度がうかがえる。現状ではベストメンバーだろう。

 ただ、他チームのロースターを見ると、日本とは温度差がある。
 6月の会見で熊崎勝彦NPBコミッショナーは、「12球団が結束し、最強チームを編成します。負けるわけにはいきません」と力強く話したが、本気で言ったのだとしたら、少々おめでたい。

 韓国にはまだ、投手陣に不安があるものの、李大浩、朴炳鎬らが出場し、それなりの意気込みが感じられる。だが、特に中南米のチームのメンバーは、「本当にこのメンバーで戦うつもりなのか?」と目を疑いたくなる。

 国際大会となると俄然力が入るキューバでさえ、今回は派遣選手が微妙だ。野手はまだいい。DeNAでもプレイしたユリエスキ・グリエルとその弟で、メジャーも注目するルルデス・グリエル Jr.、また、将来性のある19歳のフリオ・マルチネスがメンバー入り。15ヶ月後に迫ったWBC(ワールドベースボールクラシック)を見据えて、という意図も感じられる。
 ところが投手となると、巨人にいたエクトル・メンドーサが目立つ程度。先発陣の層も薄く、メジャーに行きそびれたベテランがほとんどだ。

 ベネズエラ、プエルトリコ、ドミニカ共和国のメンバーは、さらに厳しい。

 ベネズエラなど、フレディ・ガルシアが登録されている。メジャー156勝の実績があり、マリナーズ時代はイチローともチームメートだったが、過去2年は、メキシカン・リーグなどで投げた記録が残るだけ。正直なところ、もう引退したかと…。

 野手の中心は、ホアン・リベラだが、調べても彼が今季、プレイした形跡がない。他にはオリックスのフランシスコ・カバライヨがいるが、彼に期待がかかるようでは…。

 強化試合で対戦したプエルトリコも似たようなもの。

 6日の試合に先発したランディ・フォンタネスは、日本を2回まで無失点に抑えたが、彼は今季、昇格した3Aで1勝4敗、防御率6.04と打ち込まれた投手である。 

 キャッチャーのオミア・サントスは2009年にメッツで96試合に出場したが、その後は、15試試合に出場したのみ。今季はプレイ記録がない。他の野手では、ホセ・リベラ、ホワン・シルバら3Aまで昇格している選手もいるが、メジャーに上がるほどではない。ホルヘ・ヒメネスは2Aまで順調だったが、すでにレールを外れている。

 前回のWBCで優勝したドミニカ共和国には、懐かしい顔がある。

 2012、13年に中日に在籍した先発候補のダニエル・カブレラは、メジャーで48勝を挙げた投手だが、最近は、マイナーリーグ、メキシカン・リーグなどを転々。捕手のミゲル・オリーボも同じような道を歩み、メジャーで1124試合の出場経験があるが、昨年、ドジャースのマイナーにいた時、チームメートの耳を噛みちぎって解雇された。

 アイェンディ・ペレズ、アヌーリー・タバレス両野手には今後、まだメジャー昇格の可能性がありそうだが、“ひょっとしたら”というレベルではないか。

1/2ページ

最終更新:2016/2/8(月) 2:49
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 8:50