ここから本文です

2ステージ制導入のJリーグ のしかかる「11月問題」

2015/11/19(木) 12:00配信

THE PAGE

 シーズンのクライマックスを迎え、22日にはセカンドステージの最終節が行われるJ1が、まったくといっていいほど盛り上がりを見せていない。
 J1は今シーズンから11年ぶりに2ステージ制が導入され、従来とは異なる形式のJリーグチャンピオンシップも新設されている。

 サポーターの反対を押し切る形で2ステージ制を復活させる意図を、Jリーグ側はこう説明していた。
「優勝争いのヤマ場を増やし、メディアへの露出をアップさせることでライト層のファンを新たに開拓し、かつスポンサーメリットを創出する」

 チャンピオンシップに関しては、組み合わせはもちろんのこと、進出するチーム数も最終的に確定していない。ゆえに、メディアの間で取り上げられにくい理由はまだわかる。

 しかし、大詰めを迎えているセカンドステージの優勝争いや、チャンピオンシップの組み合わせに大きな影響を与える年間総合順位争いにも、現状ではなかなかスポットライトがあたっていない。

 理由は明白だ。第15節から第16節まで2週間、そして最終節まで再び2週間と“飛び石”になってしまう歪な日程の影響で、一時的に高まった関心が立ち消えになってしまうからだ。
「日本の気候を考えると11月はとてもいいサッカーシーズンですし、Jリーグの全体の日程でいくと、ここが一番のヤマ場になる」
 Jリーグの村井満チェアマンはこう語るが、実際はヤマ場のはずの11月には2節しか組まれていない。ナビスコ杯決勝と日本代表戦が行われる関係で、前出のように2週間ずつの空白を余儀なくされていた。

 今シーズンはFIFAクラブW杯が日本で開催される。J1王者が開催国代表として12月10日の開幕戦に臨む関係で、それより前にJ1の全日程を終わらせる必要があった。
 加えて、最大で5チームが出場し、1回戦と準決勝を一発勝負、決勝をホーム&アウェーで行うチャンピオンシップが試合日だけで4日を要する。試合間隔を空けるためにも、ここでも2週間が必要となる。

 1シーズン制だった昨シーズンまでならば、最終節を12月第1週で固定できた。しかし、大会開催方式を変えた関係で、セカンドステージ最終節を11月第3週までに終えざるを得なかった。
 しかも、今シーズンに限れば、リーグ戦の大原則を損なう「リスク」と背中合わせでセカンドステージを戦ってきた。大原則とは、最終節の9試合を同日の同時間帯に開催することだ。

1/3ページ

最終更新:2016/2/21(日) 4:04
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合