ここから本文です

青森・蕪嶋神社火災 焼失した「ウミネコの聖地」 再建を待つ住民と鳥たち

2015/11/23(月) 16:20配信

THE PAGE

 「そこに神社があって、神様に守られていると感じているから、毎年ウミネコが子育てしに来てくれているんだと思っている。これは想像だけどね」――。青森県八戸市のウミネコ保護監視員を8年間務める吉田勝鴻さん(73)はこう語る。

 八戸港から突き出したような岩山が、国内有数のウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島(かぶしま)。春になると、島は満開の菜の花で黄色に染まり、飛来した3万5000羽の独特の鳴き声が響き渡る「ウミネコの聖地」だ。

 古くからの漁師町である同市鮫や白銀地区の人々にとって、ウミネコは魚の居場所を知らせてくれ、富や幸福をもたらす存在として大切にされてきた。今日、鳥居の階段脇には糞よけの傘が設置されているが、「空から運(ウミネコの糞)が降ってくる」として、糞が命中した人は会運証明書をもらえるほか、蕪島と株にちなんで「株があがる」「自分の株があがる」と人気を集めている。

焼け落ちた「聖地」と再建の道

 今月5日の早朝、サイレンの音が港町の静寂を切り裂き、蕪島の上で720年の歴史を持つ「蕪嶋神社」は、真っ赤な炎をあげて焼け落ちた。春に約800組のウミネコが愛をはぐくんだ境内は、現在、黒く焦げた本殿の柱が無残な姿をさらしたままだ。ウミネコにとっては幸いというべきか、一部の越冬組を除いて南方へ旅立った後で、大きな影響は出ていないようではある。

 少し歩けば蕪島を望めるところに暮らしてきた鮫観光協会長の杉本健一さん(67)は、火災の報で駆け付けた1人だ。「前の日にジョギングで訪れ、登ったばかりの階段が……。こんなことがあるものかと」とショックに肩を落とす。焼け落ちた建物の片づけは年内いっぱいに終える予定で、八戸市の小林眞市長は2年後の再建を目指す考えを表明している。鳥居前や高台からの蕪島の眺望で知られる市水産科学館マリエントなどには募金箱が置かれ、お金を入れて手を合わせる参拝者の姿が絶えない。

1/2ページ

最終更新:2016/2/24(水) 2:56
THE PAGE