ここから本文です

松井大阪府知事が就任会見「必要な施策を精力的に」

2015/11/27(金) 20:18配信

THE PAGE

 22日に行われた大阪ダブル選で再選を果たした松井一郎知事の2期目が27日、スタートした。同日午前に記者会見した松井知事は「新たな大阪都構想の設計図を作る議論を続けて良いという民意を頂きました」「大阪の成長のために必要な施策を精力的に進めていきます」などと述べた。ここでは同会見の様子を一問一答形式で振り返る。

大阪府の松井知事2期目スタート「副首都位置づけていきたい」

首都機能を網羅できるような大阪づくりを

 ──きょうから2期目ということで実感といいますかお気持ちはいかがでしょうか

 松井:セカンドステージというね、このやっぱり選挙という民意、判断によって大都市制度のあり方についても議論を続けていくというはっきりとした民意があらわれたわけですから、その新たな民意に沿って大阪の行財政改革、統治機構改革、そして東京と一極ではなく二極と呼ばれるように明確に府市というものが成り立つように取り組んでいきたいとおもいます。

 ──統合本部を設置するという予定を示されてますが、名称について副首都をキーワードに新たなものにすると言及がありましたがどういう風にお考えでしょうか

 松井:この選挙でも批判をされた中身は仕組みばっかりやとよくいわれましたけど、これは仕組みっていうと手段なわけで、その目的というのは東京との二極ですから、その二極という呼び名はやっぱり東京が首都であれば副首都。日本で一極でなにか起こった時に日本を引っ張っていくそういう大都市としての機能を持ったエリアを副首都と位置づけていきたい。

 まさに統合だけを目指しているのではなくて、統合の先になにがあるのかということで、前回は橋下市長と僕と二重行政の解消ということで統合本部という名前をつけましたけど、二重行政については、大阪府と大阪市の役所同士ではほぼ解決済みです。あとは議会の議決をいただければ解決をするわけです。二重行政を解決していくのもこの後議会との議論の中で同意頂くのはもちろんですけども、しかしその向こうには日本を引っ張っていく大都市の機能を備える、すなわち副首都ですね。そういうものを作り上げるための会議体として統合本部の名称は改めていきたい。「副首都推進本部」でしょうね。あとまあ、吉村新市長と詳細は決めなければならないですね。

 ──統合本部は年内でもとおっしゃってましたが、これは新市長になられてから?

 松井:吉村新市長も来週あたりからはいろんな引き継ぎのレクに入られるので、準備は橋下市長と間も準備していきたい。吉村新市長もレクに入ってるんで、準備は正確にいうとまだ吉村新市長の任期以前になるとおもいますけども、吉村新市長ももう引き継ぎレクがスタートされるんで、橋下市長と吉村新市長と双方と協議をしながらすすめていく。

 ──統合本部の中身についてなんですが、これまでもある程度二重行政の中身については煮詰まっているのも多いと思うんですが、新たに設置する統合本部ではいまの議案をブラッシュアップするみたいなイメージなのか、それとも新たな議題を話し合うイメージなのか、具体的に新たな統合本部ではどういった議論を念頭に置かれているのでしょうか

 松井:まあ副首都という中でね、首都機能をそもそも首都機能とはどういうものなのかという概念をとらえた中で、その機能を網羅できるような大阪づくりをしていきたいと思っています。だから二重行政をひとつにまとめるだけではなく、日本を引っ張っていける2極としての役割としてなにが必要なのか、そういうことをやるためにどういう手段が必要いるのかそういうことを副首都推進本部の中で議論をしていきたいと思う

1/6ページ

最終更新:2015/11/27(金) 20:18
THE PAGE