ここから本文です

鎮魂の光「神戸ルミナリエ」開幕 今年からLED100%で

2015/12/4(金) 21:44配信

THE PAGE

鎮魂の光「神戸ルミナリエ」開幕 今年からLED100%で THEPAGE大阪 音楽:ライカライフ「願い」

 1995年に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂、そして都市の復興・再生への願いを込めた「神戸ルミナリエ」が4日、神戸市中央区の旧外国人居留地、東遊園旧外国人居留地付近で始まった。6434人もの犠牲者を出し、この会場周辺もビルの倒壊などがあった。会場に来ていた人からは「もうあれから21年やな」という声も聞かれるなど、それぞれが鎮魂の思いを胸に、この輝きを見つめていた。

【写真特集と動画】神戸ルミナリエ開幕 屋根付きの回廊の拡大写真など

翌年開催に向けての「1人100円募金」も実施

 21回目となる今回から、日本初公開となる屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示するとあって、平日にもかかわらず多くの人が点灯の瞬間を見ようと列をなした。

 神戸地方気象台によると、神戸市の午後6時の気温は9.5度。前日よりかはおさまった風も冷たかったが、多くの人が点灯の様子を見守った。

 神戸市から来たという60代の男性は「時間ができるようになってからは、点灯の瞬間を見ようと来ています。けど、今年は出遅れたので、また期間中に見に来れれば」と苦笑する。また「存続に向けての募金もしてきます」と続けた。

 約30万個の輝きを放つこの神戸ルミナリエだが、毎年、翌年開催のための募金を呼びかける「1人100円募金」が行われている。4日夜も、多くの人が募金する姿が見られた。

 開催期間は13日まで。点灯時間は月~木曜は午後6時~同9時半、金曜は同6時~同10時、土曜日は同5時から同10時、日曜は同5時~同9時半となっている。

最終更新:2015/12/4(金) 23:20
THE PAGE