ここから本文です

ロシアとトルコ 撃墜事件でよみがえる500年来の対立の歴史

2015/12/6(日) 12:00配信

THE PAGE

 11月24日に起きたトルコによるロシア機撃墜は、両国の深刻な対立を招きました。「領空侵犯」をめぐる双方の言い分は食い違っていますが、ロシア側は外相のトルコ訪問を中止したり、トルコに対する経済制裁を決定したりしています。しかし、トルコとロシアの対立の歴史は今に始まったことではありません。15世紀以降の「帝国」時代から第二次大戦後の現代にいたるまでの両国の歴史を、放送大学教授の高橋和夫氏に振り返ってもらいました。

【動画】ウクライナ危機で注目 「クリミア戦争」ってどんな戦争だった?

15世紀以降で17回の戦争

 11月末にトルコとシリアの国境付近でトルコ空軍機がロシア軍機を撃墜しました。撃墜されたロシア軍機のパイロット二人はパラシュートで脱出しました。一人は無事に救助されましたが、他の一人は地上からの銃撃で死亡しました。一方でトルコはロシア機が領空を侵犯したので警告を与えた後に撃墜したと主張し、他方ロシアは領空の侵犯はしていない。また警告もなかったとしています。この事件を受けて、即座にトルコはNATO北大西洋条約機構の緊急理事会の招集を要請して、NATO諸国の支持を要請しました。ロシアの方は、一部食料のトルコからの輸入を禁止するなどの経済制裁を発表しました。

 両国関係は険悪な様相を見せ始めたわけです。どちらの主張が正しいのかを判断する材料は筆者にはありません。しかし、この事件によって両国関係が突然に悪化した背景には、両国間の歴史的な対立があります。現在のトルコという国は「オスマン帝国」の継承国です。オスマン帝国は、かつてはイスタンブールを首都としアジア、アフリカ、ヨーロッパにわたる広大な領土を支配していました。その北東に誕生したのが「ロシア帝国」でした。ロシアは、南方へと拡大します。冬になっても凍らない港、いわゆる不凍港を求めての南進でした。その過程でオスマン帝国と衝突しました。こうした戦争の幾つかは、クリミア戦争や露土戦争として知られています。

 15世紀以来、数え方にもよりますが両帝国は17回も戦争を戦っています。そしてオスマン帝国が単独で勝利を収めた例はありませんでした。戦績は、いわば東京六大学野球の法政と東大の対戦記録のようなものです。もちろんロシアが法政でオスマン帝国が東大でした。戦争のたびにロシアは鰹節でも削るようにオスマン帝国から領土を奪い取りました。 したがってトルコ人にはロシアに対する恐怖心があります。歴史がDNAに埋め込んだ脅威認識です。今回の事件は、そうした苦い記憶をトルコ人の心によみがえらせたのでした。

 ちなみにトルコ人の日本に対する好意の背景には日露戦争での明治日本の勝利があるでしょう。こうした日本人に対する感情はトルコ人ばかりでなく、イラン人、ポーランド人、フィンランド人などにも共通しています。いずれも大国ロシアの隣人たちです。

1/3ページ

最終更新:2016/2/6(土) 2:43
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ