ここから本文です

パドレスが松田に2年契約用意で争奪戦に一歩リード!

2015/12/11(金) 18:22配信

THE PAGE

 海外FAを宣言したソフトバンクの松田宣浩内野手(32)の獲得に興味を示しているパドレスが、2年契約をオファーする可能性があることを米国のメディアが伝えた。この日、パドレスが本拠地とするサンディエゴの地元紙「サンディエゴ、ユニオン・トリビューン」のデニス・リン記者が、ツイッターで「聞いた話だが」と、フラッシュニュースで報じたもので、「パドレスは2年契約、もしくは1年のオプション付きの1年契約をオファーする可能性がある」とつぶやいた。

 デニス・リン記者は、「ただ、まだ彼の争奪戦はフルに進展していない」と、まだ他球団との争奪戦に決着がついていないことをほのめかしたが、松田に興味を持っていたホワイトソックスは、アスレチックスのジェフ・ラウリー内野手をトレードで獲得したことで撤退ムード。複数年契約のオファーという好条件をパドレスが提示するならば、松田争奪戦から一歩も二歩もリードすることになる。

 松田サイドのメジャー移籍条件は、金銭面の条件よりも勝負のできるメジャー契約の獲得だという。確かに銭金の問題ならば、ソフトバンクの残留オファーや、本気で調査に乗り出していた阪神タイガースの方が、1年で約1億2200万円と言われている、現時点でのメジャー側の相場より遥かに上だ。だが、メジャー挑戦にロマンを抱く松田は、銭金よりも、本当の実力で勝負でき、日本人内野手失格説を覆すことのできるメジャー契約にこだわりたいのだという。

 近年、メジャーに挑戦した日本人内野手は、中島裕之、田中賢介と続けて失敗。ただでさえ日本人内野手に対する評判が落ちている。そこに30歳を超えた年齢の内野手が、マイナー契約から実力で這い上がることは非常に難しい。メジャー特有の芝グラウンドや、ピッチャーの動くボールへの対応など、日米のプレースタイルの差を埋める前に、監督、コーチが抱く日本人内野手への偏見や固定観念と戦わねばならなくなる。
 
 松田が、マイナー契約の招待選手としてキャンプに参加。そこで結果を残して実力を発揮したといえど、メジャー契約をしている選手が優先されるため、故障者が出てこない限り開幕ロースターを勝ち取ることは容易ではない。それがメジャーの現実。

 今季限りで横浜DeNAのユニホームを脱いだ高橋尚成も、「アメリカは、平等にチャンスを与えてもらえる国のイメージが強いだろうが、実力や調子が関係なく、メジャー契約を取れなければ、いわゆる構造的にチャンスをつかむことはむずかしくなる」と語っていたことがある。

 だが、パドレスは、今季開幕時に三塁のレギュラーだったウィル・ミドルブルックスをメジャーの40人枠から外し、松田のための椅子を空け、しかも2年契約を用意するという。

 メジャーでゼロからの挑戦を考えている松田にとっては、これ以上の条件はないだろう。デニス記者が報じたように、まだ他球団との争奪戦はスタートしたばかりで、エージェントサイドは興味を示している複数球団の条件を今後検討し駆け引きをしていくだろうが、すでにプレラーGMが日本にまで足を運び、直接、松田に会って熱意を伝え、しかも複数年契約までを用意したパドレスが、契約合意に向けて一歩も二歩もリードしたことは間違いない。

最終更新:2016/2/11(木) 3:20
THE PAGE