ここから本文です

イチローの3000本達成が早まる2つの可能性

2015/12/16(水) 16:07配信

THE PAGE

 マーリンズと早々と1年契約を延長したイチローを来季待ち受ける大きな舞台が、メジャー通算3000本という大記録だ。残り65本。今季同様の試合出場をクリアできれば達成は間違いないが、来季も「第4の外野手」の立場は変わらない。だが、ここにきて追い風が吹いてきた。 

 現地時間のこの日、米国のメディア、MLB.comが、マーリンズがマルセル・オズナ外野手のトレードに成功すれば、42歳になったイチローの来季の出場機会が増え3000本到達のチャンスが高まるという展望記事を配信したのだ。

 マーリンズは、今季123試合に出場し、打率.259、10本、44打点の成績に終わり、夏場には不振でマイナー落ちも経験したオズナと先発候補ピッチャーとの交換をマリナーズに持ちかけるなど、現在、トレードを模索している。オズナの代理人であるスコット・ボラス氏が、起用法に介入してきたことなども手伝い、マーリンズは、オズナを放出要員としている。

 同記事では、マーリンズは、先発投手を獲得するためのトレード要員としてマルセル・オズナ外野手を放出すべきで、そうなるとイチローの出場機会は増えるが、例えオズナが残留したとしても出場機会が増えるだろうと予測した。
 
 執筆したジョー・フリサロ記者は、今季、クリスチャン・イエリッチ、ジャンカルロ・スタントンの怪我により「第4の外野手」だったイチローの試合出場数153試合が、外野手の中でトップだったという流れを伝えた上で、新しく監督に就任したマッティングリー監督の「イチローに敬意を抱く、彼の野球に対する考え方や、取り組み方を評価しているし、イチローはチームのための大事なキーであり、チームが進化するための重要な選手だ」とのコメントを紹介。
 残り65安打と迫ったメジャー通算3000本安打の達成は、2016年のマーリンズにとって、もっとも期待感の高まるストーリーだと報じた。
 

1/2ページ

最終更新:2016/2/16(火) 2:44
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 11:55