ここから本文です

Jリーグアウォーズ、MVPの青山「広島だからこそ、ここまで成長できた」

2015/12/22(火) 15:15配信

THE PAGE

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は12月21日、年間表彰式「2015 Jリーグアウォーズ」を都内で開催。ベストイレブンが発表されたほか、最優秀選手賞(MVP)には、チャンピオンシップで年間優勝を果たし、先日開催されたFIFAクラブワールドカップでは3位に輝いたサンフレッチェ広島の青山敏弘選手が選ばれました。各賞受賞者、そしてベストイレブンに選出された主な選手のコメントを紹介します。

最優秀選手賞/ベストイレブン/最優秀ゴール賞:青山敏弘選手(サンフレッチェ広島)

 私は決して上手いプレイヤーではない。自分では“下手だ”と思っている。しかし、サッカーに対する情熱、ひとつの試合に懸ける気持ちでは、誰にも負けないという思いでサッカーをしている。その気持ちが皆さんの心に少しでも響いた結果として、この賞(MVP)を貰えたのではないか。

 私は12年間サンフレッチェ広島に育ててもらい、広島だからこそ私はここまで成長できたと思っている。だから、この賞はサンフレッチェ広島のチーム関係者、ファン・サポーター、選手のみんなと一緒に喜びたい。そして、いつも応援し支えてくれる両親、妻と3人の子どもたちに感謝を伝えたい。これからも、人に感動してもらえるようなサッカー選手でありたい。

J1年間優勝/最優秀監督賞/フェアプレー賞高円宮杯:森保 一監督(サンフレッチェ広島)

 厳しいシーズンを乗り越えてJリーグチャンピオンに返り咲くことができ、選手、チームスタッフの努力を誇らしく思う。年間優勝、そして最優秀監督賞を貰えたことは、日ごろ選手・スタッフが身を粉にしてチームのために闘ってくれたこと、チームを支えてくれたファン・サポーター・関係者の後押しのお蔭だ。心から感謝したい。また私は朝から晩までチームのクラブハウスに入り浸っていて、家庭のことは何もやっていない。そんな私の仕事を陰で支えてくれる家族にも感謝したい。

 Jリーグは今年2シーズン制に戻り、その中でセカンドシーズンの優勝、年間勝ち点1位を獲ることができた。チャンピオンシップでは浦和、G大阪の挑戦を受ける立場として年間優勝を目指して闘ったが、もしかしたら、このチャンピオンシップでセカンドシーズン優勝も年間勝ち点1位も水の泡になるのではないかというプレッシャーを選手は感じていたのではないか。その中で、チャンピオンを勝ち取ることができたことは、選手の今後の大きな成長に繋がるものだ。

 私たちは広島という地域の代表としても闘っている。広島では“おらが街のチーム”を応援しようという街の雰囲気が生まれ、私たちの闘いを通じて広島の街がサンフレッチェの話題で盛り上がり、様々なコミュニティが生まれている。こうした地域の支えに対して優勝という結果をもって恩返しができたのではないか。

1/3ページ

最終更新:2016/2/22(月) 3:57
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報