ここから本文です

阪神 藤浪投手トークショー「監督を胴上げしたい」

2015/12/23(水) 20:39配信

THE PAGE

 阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(21)のトークショーがこのほど、兵庫県西宮市の「阪神甲子園球場」の「甲子園歴史館」で行われた。180席の会場は満席で、トークの相手をサンテレビのタイガース実況でおなじみ、谷口英明アナウンサーが務めた。なぜプロ野球選手を目指したのか、オフシーズンの生活、年俸や他の選手との交流、金本新監督のこと、さらには結婚についてなど、ざっくばらんな1時間のトークショーとなった。質疑応答もあり、来季について藤浪投手は「優勝したいです。監督を胴上げしたいです」と語った。以下はその内容の一部だ。

【拡大写真と動画】様々なトークを繰り広げる藤浪投手

野球を始めたきっかけは?

 「歴史館特別企画トークショーを始めさせて頂きます」と主催者側の挨拶のあと、谷口英明アナウンサー登場。続いて藤浪投手がスーツ姿で現れると、盛大な拍手が沸き起こった。

 藤浪投手はすでに球団事務所で年俸契約更改を終え、8500万円から倍増の1億7000円でサインした報道されている。この日のトークショーでも「いい評価を頂いたので、気持ちよく契約させて頂きました」と話した。また、高卒3年目で3年連続の2桁勝利。今年は14勝7敗、防御率2.40、221三振、奪三振王も獲得した。28試合に先発して199回を投げ、7完投、4完封だ。

 谷口:大きいですね。身長は?

 藤浪:197センチです。

 谷口:今日は普段聞けないお話をして頂きたいと思い、打ち合わせはまったくしておりません。
野球を始めたきっかけは?

 藤浪:お父さんとキャッチボールをしてて、それから少年野球チームに入ったのが最初ですね。1年生からプレーしている。軟式野球です。

 谷口:小学校6年の卒業くらいで身長はどれくらいありました?

 藤浪:身長は180ちょっとありました。

 谷口:6年生で?私よりでっかい小学生ですね。

 藤浪:中学3年で195センチくらい。

 谷口:何食べたらそんなに大きくなるんですか?

 藤浪:なんなんでしょうね。いたって普通のものを食べてました。よく食べてましたし、あとはよく寝てました。

 谷口:体重は?

 藤浪:今、3年前と比べて8キロくらい増えてると思います。体重は100キロくらいあってもいいと思います。まだ若いですし、身体はもっと大きくなると思います。

 谷口:オフシーズンの生活は?

 藤浪:午前中、トレーニングをしてます。トレーニング以外、することがないので。あとは取材があったり、イベントがあったり。肩も問題ないです。

 谷口:練習について教えて下さい。

 藤浪:小さい頃から練習は楽しくなかった。でも、野球を辞めたいと思ったことはなかった。野球をやりたいということで、親に言って、そういう方向に進んだ。プロに行ってやるんだと考えたのは、小学校の時から。

1/3ページ

最終更新:2015/12/24(木) 10:35
THE PAGE