ここから本文です

安倍政権に交錯する「二つの政治」 2016年政治決戦の行方は?

2016/1/2(土) 13:00配信

THE PAGE

 安倍晋三首相は二度目の首相就任から2016年は4年目の政権運営となります。今年は例年より早い通常国会の召集から始まり、夏には「衆参ダブル選」になるのではとの憶測もある参院選が控えています。「官邸1強」と呼ばれる状態が続く中、野党側には統一候補を模索する動きもありますが、昨年末に大阪市長を退任した橋下徹氏は安倍首相と会談し、独自の動きを見せています。政治学者の内山融・東京大学教授に2016年の日本政治を展望してもらいました。

【写真】「民主主義」が問われた一年 2015年の日本政治を振り返る

早い通常国会召集、衆参同日選はある?

 本年の日本政治について、1月に召集される通常国会や、7月に予定されている参院選を中心に、先行きや課題を展望してみたい。

 通常国会は、三が日明けの4日に召集される。このような早い時期の召集は例年にないことであるが、参院議員の任期切れを前にして、審議時間を十分に取る必要があるのに加え、選挙日程にフリーハンドを確保する意図があるようだ(細かい説明は煩雑なので省くが、公職選挙法の規定により、この日よりも遅く召集すると選挙日程が固定されてしまう)。会期末の衆院解散による衆参同日選への思惑があるともいわれている。

 この通常国会で審議される案件としてまず注目すべきなのは、2015年度補正予算と2016年度本予算である。3.3兆円規模の2015年度補正予算は、「一億総活躍社会」のための施策や、環太平洋経済連携協定(TPP)の発効に向けた農業対策などを内容としている。低所得の年金受給者に3万円を配る給付金の予算も盛り込まれているが、これについては、参院選を前にした「バラマキ」だとの批判が野党などから出されている。

 2016年度本予算は、総額96.7兆円と過去最高の予算規模である。高齢化の進展に伴って社会保障費が32兆円弱とやはり過去最大となったことなどのため、この金額となった。一方、景気回復による税収の伸びのため、国債依存度(予算における借金の割合)は前年度より改善して35.6%となった。リーマンショック直後の2009年度には50%を超えていたのを考えると大幅な改善であるが、それでも他の先進国と比べるとまだ高い。米国は11.9%(2016年度)、英国は6.5%(2014年度)、ドイツに至っては0.1%(2015年度)である。財政健全化への道筋は依然として不透明だといわざるをえない。

1/4ページ

最終更新:2016/2/2(火) 2:32
THE PAGE