ここから本文です

マエケン体操禁止の逆風をどう乗り越えるか?

2016/1/8(金) 9:03配信

THE PAGE

 広島からポスティングによるメジャー移籍を希望していた前田健太(27)のドジャース入団会見が8日(現地時間7日)、ドジャースタジアムで行われた。契約は、8年で2500万ドル(約30億円)。先発登板数、イニング数に応じて、1000万ドルから1315万ドル(約12億円から約16億円)の出来高払いが付く。

「I am very honored to be a Dodger(ドジャースの一員になれたことを名誉に思う)」と英語で冒頭にスピーチした前田は、晴れやかな表情で背番号「18」のユニホームに袖を通した。

 会見では年俸の基本ベースが1年に換算すると広島時代と変わらぬ3億7000万円程度に抑えられた理由となった右肘への不安について質問が集中した。前田も自ら「契約内容に関して様々な憶測を呼んでいるが、一部報道にあったように、身体検査においてイレギュラーな点があった」と明らかにした。

 その“イレギュラーな点”の詳細については、「答えられない」と口を閉ざした上で、「日本で9年間プレーしてきて1度も長期離脱をしたことはない。昨年も1年間を通してフルに投げてこられた。この先もずっと投げていく自信もあるし、チームに貢献していく自信もある。不安はまったくない、ゼロ。1年間、しっかりと投げていきたい。勝数、防御率も数字を残したいが、イニング数を意識して、200イニングは投げたい」と、不安を打ち消した。

 だが、現段階で、故障を起こしてしまう不安要素は少なくない。

 サイズが大きく重いメジャーの公式球に、肩、肘への負担が増す硬いマウンド。そして、ローテーションを5人で回す中4日登板の登板間隔。ここ数年だけでも、ダルビッシュ有、田中将大、阪神に凱旋した藤川球児と、3人の日本人が、身体にメスを入れることを余儀なくされている。

 米国メディアのESPNは「前田は、右肘だけでなく、肩にも懸念を持たれ、ドジャースはいつか手術が必要になることを分かっているが、3、4年間怪我をしなければ、サインをする価値はあると考えている」と伝えた。マエケンは「中4日に関してはしっかりと適応してきたい。日本でも何回か経験はあるので、調整方法は自分の中である」と語ったが、故障発症の危険性は低くない。

1/2ページ

最終更新:2016/2/9(火) 2:41
THE PAGE