ここから本文です

なぜ星野氏は殿堂入りできないのか?

2016/1/19(火) 12:00配信

THE PAGE

 平成28年度の野球殿堂入りの5人が18日、発表されたが、監督、コーチ退任後6か月以上、引退後21年以上を経過した人を対象とするエキスパート部門で、殿堂入りが有力視されていた元大洋(現在横浜DeNA)のエースで通算201勝を挙げた平松政次氏、監督として3球団で優勝した楽天の星野仙一球団副会長(68)の両氏が落選した。

 平松氏は次点の70票、星野氏は69票で、それぞれ13票と14票が75パーセントの得票ラインに足りなかった。候補者初年度となった昨年度の星野氏は、53票で4位。今回は16票を伸ばし、昨年3位だった権藤博氏を6票上回ったが、殿堂入りとはならなかった。

 星野氏は、中日、阪神、楽天の3球団を率いて優勝監督となった。3チームで優勝を果たしたのは故・三原脩氏、故・西本幸雄氏に次ぐ、史上3人目の快挙である。しかも、監督としての通算1181勝は、歴代10位の記録。三原氏、西本氏はもちろん、上位の9人全員と、通算勝利数では13位の故・仰木彬氏も2004年に殿堂入りしている。闘将と呼ばれる強いリーダーシップだけでなく、GM的にチーム編成にまで手を出して、チームを抜本的に改革する手法で、低迷していた阪神、楽天という2チームを優勝に導いた手腕と、その功績は、殿堂入りにふさわしいものだ。今回、選出された故・榎本喜八氏と同時選出されても不思議ではなかった。

 なぜ星野氏は殿堂入りできないのか。
 
 ある関係者の一人は、「選出方法に問題がある。殿堂入りの約30人が投票権を持っているが、どうも、その票が入っていないようだ。そもそも殿堂入りに明確なガイドラインがないのだから“虫が好かない”というような個人的感情が生まれることはある。投票委員の顔ぶれが、ほとんど変わらないのも原因。入れる人が一緒なんだから、投票の中身も大きくは変わらない」という。

 エキスパート部門の選出方法は、殿堂入りしている約30人と、競技者表彰委員会の幹事、野球報道年数30年以上の経験を持つ記者約70人によって、5人連記で投票が行われ、75パーセント以上を得票した人が殿堂入りとなる。かつては、複数名を書かない人が多かったが、今回は4.1人平均の記入があった。それでも星野氏が選ばれなかったのは星野氏の名前を5人連記でも書かない委員が少なくなかったということだ。原因としては、好き嫌い。投票者には、殿堂入り紗も含めて、年配者が多く監督として若い時代にベンチ内で暴れたり乱闘騒ぎの中で退場処分を受けるなどした星野氏の態度が、殿堂入りにふさわしくないと判断している人がいると考えられる。

 

1/2ページ

最終更新:2016/2/19(金) 2:30
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ