ここから本文です

ニューイヤーカップの順位次第で降格も?

2016/1/24(日) 16:27配信

THE PAGE

 2015年から始まった「スカパー! ニューイヤーカップ」が2016年も1月24日から開催される。参加チームは前回の7チームから12チームへ、そして開催地も宮崎、鹿児島に加えて新たに沖縄ラウンドが追加されるなど、昨年よりグレードアップしたニューイヤーカップ。今回は2016年大会の見どころや各チームの戦力を紹介するとともに、プレシーズンマッチだからといって侮ってはいけない気になる同大会のデータをご紹介したい。

まずは今大会の見どころから。表1には沖縄、宮崎、鹿児島で行われる各ラウンドの参加チームをまとめた。昨年参加した浦和、大分が参加を取りやめる一方で、FC東京、札幌、千葉など7チームが初参加となっている(表1赤文字)。

■沖縄ラウンド

今回から新設された沖縄ラウンドには、J1からJ3まで各カテゴリーのチームがエントリーする形となった。過去最高タイの年間4位で2015年シーズンを終えたFC東京の実力が抜けており、J2札幌、東京Vは最後までプレーオフ進出を争ったライバル、今季の戦いを考えればプレシーズンマッチとはいえ負けられない。琉球は監督選手が大幅に入れ替わる中、格上相手に今の実力をどれだけ試せるか注目だ。

FC東京:城福氏が6年ぶりに同チーム監督に復帰。太田、権田が移籍したものの、湘南から正GK秋元や元代表の駒野(磐田)、城福氏の教え子である阿部(甲府)や水沼(鳥栖)を獲得するなど、各ポジションで厚い選手層を誇る。

札幌:2シーズン目を迎える四方田体制。経験豊富な増川(神戸)、オランダのPSVにも所属経験のあるヘイス、マセードらを補強。昨年のベースをもとに戦力の上積みで2012年以来のJ1昇格を目指す。

東京V:若いチームに安定感を与えるべく清水の高木純、タイからは鹿島などで活躍した船山ら経験豊富なベテラン選手を補強、さらに昨季プレーオフ進出を逃した原因でもある得点力不足を補うべくブラジル人FWドウグラスも獲得した。

琉球:金鍾成監督のもと新たなスタートを切る2016年シーズン。昨季終了後に19名もの選手が退団。現在10名の新加入が発表されているが、うち7名が新卒選手とシーズンを戦う上では厳しい選手層。年々勝点を増やしているJ3生活も3年目を迎えるが、今季も厳しい戦いが予想される。

1/3ページ

最終更新:2016/2/24(水) 2:31
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ