ここから本文です

台湾地震で抱き合ったカップルの遺体、ネットにあふれた悼む声

2016/2/13(土) 16:01配信

BuzzFeed Japan

2月6日、激しい地震が襲った台湾で、11日朝、しっかり抱き合ったままの大学生のカップルの遺体が、崩壊したマンションの下から発見された。Facebookに仲睦まじい写真をたくさん投稿していた2人の最期の姿に、ネット上では悼む声が上がった。

2人の遺体が発見された台湾南部では、地震によって多くの建物が倒壊し、多くの人がいまだ閉じ込められたままになっている。

報道によると、男子学生のツァイ(Tsai Meng-chia)さんは、ガールフレンドのホワン(Huang Ruo-hsin)さんに身体一つで覆いかぶさり、必死で彼女を守ろうとしたという。レスキュー隊は彼の腕を彼女から引き離すのに苦労した。

若いカップルは二人とも21歳の大学3年生で、台湾南部の台南市にある崑山科技大学の学生と判明。台南市では、マグニチュード6.4の地震により二人が暮らす16階建ての建物が倒壊した。

ツァイさんは、Facebookにホワンさんと一緒の写真をたくさん投稿していた。その中には1年以上前、手に手を取ってハイキングする二人のこの写真もあった。説明にはこうあった。「手をつないだら、一生そうしていたい」

二人は探検が好きで、その成果の写真をいつも一緒に投稿していた。「台湾にはまだ見たいところがいっぱいある」とツァイさんはかつて書いていた。

地震の直後、二人の友人がカップルの行方を突き止めようと、ソーシャルメディアに助けを求めた。「台湾の友人の皆さん、この四人を探すのを手伝ってくれませんか。病院にいるかもしれないのですが、現場で待つべきか探すべきか迷っています」と記した。

ホワンさん、ツァイさんと同じ建物に住んでいた別の親しい友人二人も、後にレスキュー隊によって死亡が確認された。ツァイさんたちは皆、電子科学技術を専攻する学生たちだった。報道では、四人は夜遅く誕生パーティーから帰宅した直後だった。

ネットには二人への悲しみの声があふれた。ツァイさんの同僚は「ツァイさん、良い旅を。とても悲しい。一緒に仕事ができるのを待っていたんだ。なぜ君のような明るい人が逝ってしまったんだ」と、悲しい知らせを知ってFacebookに投稿した。

ツァイさんの友人は「君は言ったことを成し遂げた。本当に一生懸命取り組んだね」と自分のフィードに書き込んだ。別の書き込みでは「君は素晴らしい人だった」とあった。

他にも「一緒に兵役に行ったことを嬉しく思う。天国で会おう!安らかに!」「君たちに会えてよかった。二人は永遠に僕たちの心の中にいる。天国でも親友でいよう」など、多くの友人たちが二人の死を悼むメッセージを書き込んだ。

二人がペットととして飼っていた犬も、傍らで死んでいるのが見つかったと伝えられている。

若いカップルの死は、たちまち中国語メディア中に伝わった。倒壊した建物は欠陥建築ではないかという声があがっており、建設を請け負った業者に対する徹底した調査と処罰を求める動きが強まっている。

最終更新:2016/2/13(土) 16:01
BuzzFeed Japan