ここから本文です

<ラグビー速報>世界最高リーグでサンウルブズが開幕戦に黒星発進!

2016/2/27(土) 14:58配信

THE PAGE

 世界最高峰リーグと呼ばれるスーパーラグビーのサンウルブズ対ライオンズが27日、秩父宮で行われ、日本代表メンバーが軸となった初参戦のサンウルブズは、13-26で敗れた。スクラム、モールで圧倒され歴史的な初勝利はならなかったが、十分に戦える実力は示した。激しいサンウルブズのタックルとスピード感あふれるゲーム展開に満員のスタンドで埋まった秩父宮は興奮と熱狂に包まれた。日本のラグビー界は新たな1ページを刻んだ。
  
 先制したのは初参戦となるサンウルブズだった。
 テンポとスピードで相手陣地に攻め込んだサンウルブズは、前半6分に反則で得た22メートル付近からのPGをサントリーでプレーしているSOのトゥシ・ピシが決める。だが、南アフリカを本拠地として昨季は8位の成績を残したライオンズは、体格面とパワーでサンウルブズを上回り、特にスクラムを押し込まれ劣勢に立たされた。それでも15分に相手のミスからターンオーバーすると、一気にキックを使って攻め込んだが、山田章仁がインゴール内に転がっていたボールを抑えきれずに惜しくも初トライを逃した。

 逆に18分、5メートルのラインアウトからモールで押し込まれ先制トライを許す。ゴールは失敗したが、3-5と逆転された。34分にはバックスに展開され、スコーサンに左中間にトライを追加され、ゴールも決まり3-12とリードを広げられた。サンウルブズは38分にトゥシ・ピシが40メートルの長いPGを決めて3点を返し6-12で前半を折り返したが、タックルミスがライオンズの倍になる「11」を数えるなど、スクラム、ラインアウト、モールでの不利をなかなか跳ね返せない。
   
 後半もスタート早々に、またモールで押し込まれてディフェンスを破壊され、最後はロックのヤコ・クリエルにトライを許し、ゴールも成功され、6-19。サンウルブズも、スタンドの大声援をバックに反撃。後半20分には、ミスのないまま素晴らしいフィードを繰り返して揺さぶり、最後は日本代表キャプテンでもある堀江が持ち込んで記念すべき初トライ。ゴールも決まり13-19と点差をつめた。
   

1/2ページ

最終更新:2016/2/27(土) 18:30
THE PAGE