ここから本文です

<リオ五輪予選速報>日本、中国に惜敗で五輪出場は絶望的

2016/3/4(金) 21:38配信

THE PAGE

 リオ五輪アジア最終予選の第3戦が4日、大阪で行われ日本はキンチョウスタジアムで中国と対戦、1-2で惜敗した。先発メンバーを韓国戦から3人代えてきた日本は、ミスが目立ち、先に2失点。横山のゴールなどで1点差につめよったが決定力に欠いた。日本は、ここまで豪州に敗れ、韓国とはドロー、参加6か国中、上位2か国に与えられる出場権の自力獲得はすでに消滅していたが、中国に敗れたことで、残り2試合に勝っても勝ち点は、最大「7」までしか伸ばせず、五輪出場はほぼ絶望的となった。
   

 勝ち点「3」を奪うしかなかった。
 同時刻に行われているオーストラリア対韓国、次のオーストラリア対北朝鮮戦の結果次第では、日本がこの中国戦も含めて残り3試合で勝ち点「9」を獲得して合計勝ち点を「10」とすれば、2位以上となる可能性も出てくる。しかも中国は、昨年の東アジアで2-0で下している相手だ。

 日本は、韓国戦から3人メンバーを入れ替えた。左サイドバックの鮫島、ボランチの阪口が復帰、右の攻撃的ハーフは川澄を下げて中島が起用された。韓国戦では宮間をFWで起用したが、この日は左の攻撃ハーフの位置。思い切りの良さと突破力で存在感を示している横山と、大儀見でツートップを組ませた。

 だが、立ち上がりから日本はFWとDFのラインが間延びして中国にボールを持たれる時間帯が目立つ。あげくの果てに前半14分に先に失点した。相手のスローイングから奪ったボールをつないだ川村が、バックパスでコントロールミス。熊谷と田中がフォローできないでいると、その間をジャン・ルイが抜け出して、キーパーの福元と1対1されてから、冷静にゴールへと流し込まれ、まさかの先制点を許してしまった。

 どこか集中力が欠けて見える。
 1点を追う厳しい展開となった日本は、29分、横山がドリブルでゴール前まで攻め込むがシュートにつなげることができない。続けて宮間の絶好のクロスに中島が反応したが、これもゴールにはつながらず。日本は、サイドから崩して主導権を握ろうとするが、ミスが目立ったままゲームは後半へ。

 絶対にこの試合を落とせない日本は、後半と同時に川村に代えて岩渕を投入。大儀見とツートップを組み、宮間がボランチに下がる。だが、中国に手痛い2点目を奪われることになる。

1/2ページ

最終更新:2016/3/4(金) 22:48
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合