ここから本文です

「嫁に行きそびれヒステリー」 女性をバカにする日経ビジネス記事に批判相次ぐ

2016/3/7(月) 21:00配信

BuzzFeed Japan

日経ビジネスオンラインが3月7日に配信した「逃げる女性は美しい」という記事に対して、批判が広がっている。筆者の作家・エッセイスト本島修司さんは記事中、「仕事に邁進して嫁に行きそびれ、友人が結婚するたびキーキーとヒステリーを起こしたりする」など、働く女性を揶揄する表現を繰り返している。Twitterでは「女を馬鹿にしてる口調がまず腹立たしい」といった声が上がっている。【渡辺一樹】

仕事と子育ての両立は?

記事中で、本島さんは次のように書いている。

「人生で達成できることは1つか2つ。女の人の場合、『仕事と結婚』か『結婚と子育て』ではないかと思う」

本島さんの考えでは、女性は30歳前に仕事を捨てることが「正しい」。

「女も『仕事も恋も諦めない、できる美人』という、テレビドラマが焚き付けた虚像を目指すより、30前になったら仕事をいったんお休みしてでも、心も経済面も安定させてくれる男を一度探してみる(仕事を捨てる)行為の方が、正しいように僕は思う」

記事では、女性管理職を「バリキャリ」、仕事と子育ての両立を目指す女性を「自称万能ガール」と呼び、そうしたライフスタイルを揶揄している。

「バリキャリの女上司が『産んだらすぐに戻りましょう、そういう時代です、ウチは育休制度もカンペキ♪』と、言うかもしれない。 もちろんよ、そういう時代♪と乗せられている自称万能ガールより、『カンベンしてくれ……辞めてゆっくり子育てをしたい……』と思っている女の子が、今の日本には、案外、溢れかえっているように思う」

「仕事に邁進して嫁に行きそびれ、友人が結婚するたびキーキーとヒステリーを起こしたりする。 結果、家庭と向き合う覚悟なく専業主婦になって、旦那が家事を手伝ってくれない、私は家にいるばかりと、キーキー文句を言ったりする」

SNSでは「不快」「女をバカにしてる」との声

この記事が公開されると、Twitterでは「こんなに不快な記事見たことないってくらい不快だな」「苛立ちを通り越して呆れる。女をバカにしてる」といった批判の声が相次いだ。

本島さんは「では、第1回、行きましょう」と書いており、この記事は「セケンの勝ち方」という連載コラムの1回目のようだ。

日経ビジネスオンラインに記事の趣旨や、記事に対する見解を尋ねたところ、同社広報から「記事連載の中で意図、趣旨等を汲んでいただきたい。SNS上での声は今後の連載の参考にいたします」という回答があった。

最終更新:2016/3/7(月) 21:57
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ